お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

照れ屋な男性は狙い目? 照れ屋な人の心理と仲を深める方法

織田隼人(心理コーディネーター)

照れ屋の男性は、自分の気持ちを伝えるのが上手ではないため、「嫌われているのかな……?」と不安になってしまうことがありますよね。照れ屋の彼ともっと仲を深めるためには、どうしたらいいのでしょう。そこで今回は、心理コーディネーターの織田隼人さんに、照れ屋な男性の特徴や心理、上手な接し方を教えてもらいました。

■そもそも照れ屋とは?

彼が単に無口なだけなのか? それとも照れ屋なだけなのか? なかなか判断が難しいもの。そこで照れ屋な男性の特徴をまとめてみました。あなたの好きな人が当てはまるかどうか、チェックしてみてください。

◇照れ屋な人の特徴

☆自分の気持ちを隠そうとする

照れ屋な男性は、自分の気持ちが相手に伝わること自体を恥ずかしがる傾向があります。そのため、自分の気持ちを隠そうとすることも。また、好きな気持ちも隠そうとするので、愛情表現などがわかりづらいこともあります。

☆自分の話をあまりしない

自分の話をすると、「自分がどういう人間かバレてしまうのでは?」と考えてしまう照れ屋な男性。そのため、自分の話をあまりしようとしません。自己PRも苦手で「俺が! 俺が!」というようなことはないはず。自分にあまり自信を持っておらず、自分を押し出すことが苦手な人が多いです。

☆付き合うまでに時間がかかる

照れ屋な男性は恋愛にも奥手な人が多く、「確実性」を求める傾向があります。そのため、付き合うまでに何度もデートを繰り返し、確実に両思いとなるまで告白はしない、という人が多数。しかも、シャイなせいで自分から愛情表現もあまりできないので、女性からすると「私に気があるのか不安」と感じてしまうこともあるようです。

☆優しい人が多い

優しかったり、相手への気づかいができたりする人が多いです。悪い言い方をすると相手の顔色をうかがう、いい言い方をすると「相手が喜ぶことを考える」ことをしてくれます。相手のことを考えて行動するので、女性を立ててくれたり、優しく接してくれたりしますよ。

次ページ:照れ屋な男性との接し方とは?

お役立ち情報[PR]