お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

合コン初心者へ。今さら聞けない合コンの流れ

織田隼人(心理コーディネーター)

「合コン」といえば、お酒を飲みながら気軽に異性と出会える場所。

しかし未経験の人にとっては「本当に出会えるの?」「具体的に何をして過ごすの?」と不安に思うことも多いでしょう。

たしかに合コンを制するには、たった2~3数時間でいかに自分をアピールできるかがカギ。「様子をうかがっていて出遅れた!」と、せっかくのチャンスを逃さないようにしたいものです。

そこで今回は合コンの基本的な流れや気になる人と接近するためのポイントについて、男女心理にくわしい織田隼人さんのアドバイスを紹介します。

そもそも合コンって何? 合コンで本当に出会えるのか

合コンの基本的な流れについて紹介する前に、まず合コンとはどんなものなのかについて説明していきます。

合コンとは?

合コンとは「男女が出会いを求めて行う飲み会」のことです。

「結婚相手探し」を目的とする婚活パーティとはちがい、合コンはもっと気軽な「恋愛相手」や「異性との出会い」を目的としています。

また、「誰かの推薦」により出会うのが“お見合い”や“友だちの紹介”ですが、合コンは出会いを求めるもの同士が自主的に能動的に集まります。

合コンですることは?

合コンでは主に、男女が合同で飲み会(コンパ)をします(これを略して“合コン”と言います)。

お酒が入ることで異性と気軽に交流・会話できるほか、その流れで連絡先交換もできるので、「とにかく異性と出会いたい」、「異性の知り合いを増やしたい」という人にピッタリです。

最近では、お酒を飲まない食事中心のものや、同じ趣味同士が集まる合コン(たとえば料理コン、漫画コン、マラソンコンなど)などもあるので、お酒が苦手という人はそちらに参加してみるのもいいでしょう。

会の流れとしては、参加者の多くが初対面同士のため、「自己紹介→みんなでわいわいと会話を盛り上げていく」のが定番の流れになります。

合コンで本当に出会えるの?

異性と出会える数は多いものの、交際に至る確率はそれほど高くないのが合コンです。

なぜなら「合コンの場」だけでは相手を判断しきれないことが多いからです。

交際に至るステップとしては、後日デートをして相手のことを知るという流れですが、相手を知る過程で「想像とちがった」という事態になることは少なくないよう。

とはいえ、一度にたくさんの異性と出会えるのは間違いないので、「まずは出会いを増やしたい」という人には有効な場です。

合コンに向いている人は?

合コンに向いているのは、以下の3つに当てはまる人です。

(1)外見を重視する人
(2)知らない人と接するのが好きな人
(3)わかりやすい自分の売りを持っている人

ひとつひとつ詳しく説明します。

(1)外見を重視する人

短い時間で恋愛対象かどうか判断される「合コン」では、最初の「自己紹介」でその人の印象が大体決まってしまいます。

そのため、外見から好きになれるタイプの人はいいですが、内面をじっくり知らないと好きになれないタイプの人には向きません

(2)知らない人と接するのが好きな人

合コンは2時間から3時間のうちに相手と打ち解ける必要があるので、短い時間で知らない人と仲よくなるのが得意な人や、自分をアピールする力がある人が向いています

(3)わかりやすい自分の売りを持っている人

「自分の売りが明確な人」は合コンに向いています。たとえば看護師や保育士など異性に人気の仕事に就いている、料理上手で家庭的など。

くわしく説明しなくても相手に伝わりやすい強みや魅力を持っている人は、合コンの場で有利でしょう。

次ページ:合コンの基本的な流れとポイント

お役立ち情報[PR]