お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

相手に好印象を与える服装って? お見合いコーデの選び方【女性編】

都外川八恵(ととかわやえ)

「結婚したい!」ということで、お見合いという手段を選ぶ女性は少なくありません。素敵な服装で、相手の男性に好印象を与えたいですよね。そこで今回は、お見合いにふさわしい服装について、スタイリング&カラーコンサルタントの都外川八恵さんに教えてもらいました。

■【30~40代】お見合いにふさわしい服装って?

結婚相手にふさわしいかどうかチェックされるお見合いでは、第一印象はとても重要。お見合いで相手に好印象を与える服装の色とコーデ術を伝授してもらいました。

◇お見合いにぴったりな服装の色とは

「視覚=見た目は約8割」と言われます。その視覚情報の中で、色の情報が占める割合はなんと「約8割」という説も。さらに色の刺激は脳で考える間もなく、感情をダイレクトに揺さぶることがあります。色はパッと見た瞬間の認知の経路が早いため、どんな色を着るかは第一印象をよくするためにとても大切なことなのです。

お見合い、特に初顔合わせのときは「清潔感」はもちろんのこと、「明るく」「優しく」「女性らしく」といった3拍子が、いつの時代にも相手の男性に好印象を与えるのではないでしょうか。そのため、まずは「明るい色」「優しい色」「女性らしい色」を特に意識するといいでしょう。具体的には、「明るいピンク」「優しいオレンジ」「ソフトなパープル」などは効果が期待できます。

特に今年の2018年春夏のトレンドである「ラベンダー」は、女性らしい印象を与えるだけではなく、着ている人も見ている人もリラックスした雰囲気にさせてくれる色なので、お見合いにもおすすめです。そして、色を選ぶときにはやはり、「自分に似合う色=パーソナルカラー」をチョイスするようにしましょう。ラベンダーがトレンドとはいえ、その色味や色調はいろいろありますので、自分の顔写りが映えて、若々しく健康的に見えるパーソナルカラーを客観的に選べるようになるといいですね。

◇お見合いにぴったりなコーデ

 

☆お見合いコーデ1:ワンピース

男性ウケする王道の「ワンピース」は組み合わせをあまり考える必要がないため、女性にも嬉しいアイテムです。何度も着まわす場合は、アクセサリーや小物、羽織ものなどをうまく利用して、同じワンピースでもちがう顔に見せる工夫もしてくださいね。

甘くなりすぎたと感じる場合は、明るく優しい色でも、ブルーなどの寒色系を選んでみてください。爽やかさが追加されて甘さを軽減させることができるので、おすすめです。

☆お見合いコーデ2:スカート

ワンピースに続き、やはり女性らしさをアピールしやすいアイテムの「スカート」。ただし、お見合いのときは短すぎるものを避け、膝上5cmくらいを目安にするといいでしょう。膝下のくびれているあたりや、足首の細くなっているところでカットしてある丈感もおすすめ。目の錯覚で足が細く見えます。

ギャザーやフリルなど、ふんわりとしたシルエットで女性らしさを演出するのもいいですが、ボディラインがさりげなく出る直線的なスリットやタイトなシルエットも、女性らしさを演出できます。デザインを選ぶ際には、ぜひ取り入れてみてくださいね。

☆お見合いコーデ3:ブラウス

シャツではなくブラウス、という点がポイント。男性のアイテムにはないので、女性らしさを感じさせることができます。キレイな落ち感のある“とろみ素材”だったり、ちょっと“透け感のあるレース”だったり、“やわらかいシフォン素材”だったり。これらは、より女性らしさを演出してくれるため、お見合いコーデにぴったりです。

次ページ:お見合いコーデのコツって?

お役立ち情報[PR]