お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スイーツ

1粒でしあわせになれる、京都別邸の日本酒チョコ #引き出しおやつ

仕事で疲れたとき、集中力が切れたとき。引き出しをぱっと開けて、お気に入りのおやつをぱくり。脳を活性化させるガムや、頑張った自分へのご褒美に甘いチョコレート。私たちの元気をチャージしてくれるおやつは、まさに働く女性のリフレッシュ係。今日も私は、引き出しにある“おやつ”の存在に支えられている。

明日はバレンタイン。大事な人にもあげたいけど、自分にだってチョコを贈りたい。前回のレダラッハのチョコに引き続き、第4弾は鮮やかな1粒に見惚れる、ベルアメール 京都別邸の「瑞穂のしずく」をご紹介。自分用に買いたい~。

ベルアメール 京都別邸 瑞穂のしずく 日本酒5コ ¥1,512

芸術的に並ぶチョコレートたち。「瑞穂のしずく」は、京都を代表する酒蔵の日本酒がジュレ状で入っている。箱を開けると、エメラルドグリーンやルビーのようにキラキラしていてとても華やか。こ、これは食べるのがもったいなさすぎる!

特に目を引いたのは、アクアマリンのように透き通ったブルー。恐る恐るかじってみる。ビターの渋みとほのかに香る日本酒「金鵄正宗」の味わい。思ったよりも日本酒の主張は強くなく、食べやすい。ぷるぷるしたジェルとパリッとしたチョコの食感が、ちょっと不思議。

通常は京都にある1店舗でしか購入できないとか。バレンタインシーズンのみ、ウェブで限定販売されているものの、売り切れになるくらい大人気。今回出展していた「サロン・デュ・ショコラ2018」では、群を抜いて行列ができていたほど。

実際に手に取ってじーっと眺めてみる。気がつくと手の熱で溶けていくショコラの感触。こんなに見惚れてしまう1粒に出会ったのは初めてかもしれない。

(小田桐礼香/マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]