お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

冷え性や末端冷え性の原因と対策方法

小杉理恵

01

寒い季節だけでなく、夏でも冷房の影響で「身体の冷え」に悩む女性は多いのではないでしょうか。冷え性や末端冷え性の原因をしっかり理解し、体質を改善するためにはどうすればよいか、循環器専門医の小杉理恵先生に教えていただきました。

■冷え性の原因と症状

02

そもそも冷え性とは何が原因で起こり、身体のどんな場所に現れるのでしょうか。また、冷え性の中には「末端冷え性」と呼ばれるものもありますが、通常の冷え性とは何が違うのか、小杉先生に聞いてみました。

◇冷え性とは

小杉:冷え性は、普通の人が寒さを感じないくらいの温度でも、全身や手足、下半身などが冷えてつらい症状とされています。「冷えがつらい」というのは主観的な自覚症状であるため、実際に身体が冷たくなっていても、本人の自覚がない場合は冷え性とはいいません。逆に、冷えを感じている方でも、実際に体温を測定すると決して低くはない場合もあります。

冷え性が女性に多く見られるのは、筋肉量が男性に比べて少なく、体脂肪率が高いことと(筋肉は熱を産生し、脂肪は冷えやすい)、月経の影響で腹部の血流が滞りやすいことが原因だと考えられます。

◇冷え性と末端冷え性の違い

小杉:「末端冷え性」は冷え性の一種です。東洋医学的に、冷え性は4つのタイプに分類されています。

☆下半身型

足は冷えるが、手などの上半身は冷えません。30代から中高年の男女に多く見られ、冷え性の中でもこのタイプに当てはまる人がもっとも多いです。冷えのほかに痛みやしびれを伴う場合は、閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)や脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)などの疾患がある場合もあります。

☆四肢末端型

手や足の先から冷えるタイプで、いわゆる「末端冷え性」と呼ばれるものです。痩せ形でダイエット志向の強い10代~20代の若い女性に多く、冷え性の代表的なタイプといえます。食事量の不足や運動不足が原因で熱生産量が少なくなり、体温低下を防ぐために交感神経が優位になって血管が収縮することで、冷えが起こります。

☆内臓型

手足や皮膚の表面は温かくても、体幹深部の体温は低いタイプ。30代以上の中高年の男女に多く見られます。特に消化管が冷えているので、腸にガスが溜まって腹部に膨満感が出やすいでしょう。また、交感神経よりも副交感神経が優位になるため、寒さに対する血管の収縮反応が弱く、逆に熱が放出されやすくなって体温が低下します。

☆全身型

全身が冷えるタイプです。冷え性の中ではめずらしいケースですが、年齢にかかわらず発症します。原因は基礎代謝の低下、食事量不足、運動量不足、慢性的なストレス、不摂生などによる体力低下などで、極端に熱生産量が少ないことに起因します。また、甲状腺機能低下症によって全身が冷えている場合もあるため、症状に心当たりがある場合は、一度病院を受診してみてください。

◇冷えの原因

小杉:冷えを感じる原因としては、以下の9つが挙げられます。

・食事摂取量不足
・運動不足、筋肉量の減少
・薄着(スカート)
・ストレス
・不摂生
・喫煙
・高血圧
・高コレステロール血症
・動脈硬化

食事不足や運動不足、体が冷えやすくなる薄着はもちろんのこと、高血圧や高コレステロール血症などがある方は、動脈硬化性の疾患によって冷え性の症状が出てくる可能性もあります。

次ページ:冷えを放置するとどうなる?

お役立ち情報[PR]