お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

皮膚科医に聞く! 毛穴の開きの原因と改善策

宇井千穂

年齢を重ねてくると、ほおなどの毛穴の開きが気になってくるもの。「若いころは気にならなかったのに……」とショックを受ける女性は多いかもしれません。そこで今回は、毛穴の開きの原因と改善策について、皮膚科医の宇井千穂先生にお話をうかがいました。

rf39177459_o

毛穴が開く原因は?

ファンデーションを塗っても隠しきれない毛穴の開き。なぜ毛穴は開いてしまうのでしょうか? 毛穴の役割と毛穴が開いてしまう原因について、宇井先生にくわしく解説していただきます。

rf52582773_o

毛穴の役割とは

毛穴には主に4つの役割があります。

(1)排出機能

毛穴から分泌される皮脂や汗とともに、体内の老廃物を排出するデトックス機能があります。

(2)バリア機能

毛穴の奥にある皮脂腺から皮脂が分泌されることで、細菌や細かいチリ、乾燥から肌を守ります。また皮脂と汗で作られる皮脂膜は、肌内部の水分を逃がさないよううるおいを保つ働きのほか、外部刺激から肌を保護する大切なバリア機能も果たしています。

(3)体温調節機能

毛穴の収縮による体温調節機能があります。温度が低いときには、交感神経により毛穴を縮め、さらに血管も収縮させて体温を下げないように、温度が高いときは汗腺から汗を流すことで体温を下げる機能があります。

(4)フェロモン作用

脇の下や外陰部などの汗腺からの適度なにおいは、フェロモン作用があります。

毛穴が開くのはなぜ?

毛穴が開く原因は3つあります。

(1)過剰な皮脂分泌

洗顔しすぎたり、保湿を怠ったりすると、排出機能が盛んになりすぎて皮脂分泌量が多くなります。それが、皮脂の出口である毛穴が広がる原因に。汚れがたまって黒ずんだり、古くなった角質が角栓となって詰まってしまうと「汚れ黒ずみ毛穴」になってしまいます。

(2)加齢によるたるみ

表皮の内側にあり、皮膚の大部分を占める真皮に存在するコラーゲンやエラスチンが、加齢により減少します。その結果、肌の土台が崩れてしまい、若いころは引き締まっていた毛穴がたるんできてしまい「たるみ毛穴」の原因に。さらに、たるんだ毛穴が進行すると毛穴同士がつながり、さらに乾燥もともなって深いシワのような状態になってしまいます。これを「帯状毛穴」といいます。

(3)ニキビ痕

思春期に多く見られる原因です。ホルモンの分泌が盛んになることにより皮脂が過剰に分泌されたり、毛穴の出口が硬くなるなどの角化により毛穴が詰まってしまったり、そこに古い角質や汚れがたまってニキビの原因菌が増殖してしまったり。このようにして生じるのが「ニキビ毛穴」です。そしてニキビの痕が、クレーターのように瘢痕化(はんこんか)してしまうと毛穴が開いた状態になってしまいます。

次ページ:毛穴の開きを改善するには?

お役立ち情報[PR]