お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ダイエット

【専門家監修】肉を活用したダイエット方法と効果まとめ

南恵子

焼肉やハンバーグ、ステーキ……など。「ダイエット中だから」と、つい肉料理を控えていませんか? だけどダイエット中こそ肉を食べた方がいいのを知っていますか? 今回は肉を活用したダイエット方法と効果について、食と健康アドバイザー・南恵子先生の解説を元に紹介します。

rf47141473_o

太らないお肉の選び方 ~鳥肉・豚肉・牛肉のうち食べても太らない肉は?~

gf1420363974m

南先生によると肉ならどの種類や部位を食べても効果があるわけではないようです。そこで次に太らないお肉の選び方について紹介します。

肉を選ぶ際は、基本は脂肪が少ない「赤身肉」を選びましょう。

(1)鶏肉(若鷄)

・むね肉皮なし部位……116kcal/100g
・ささみ部位……105kcal/100g

上記2つはどちらも脂肪が少ないです。イミダゾールジペプチドという成分が含まれ、抗酸化作用があり疲労回復などにも役立つといわれるので、運動と併せて取り入れるとなおいいですね。

(2)豚肉

・ヒレ赤肉部位……112kcal/100g
・外モモ赤肉部位……138kcal/100g

ヒレ赤肉や外モモ赤肉は、脂質の代謝に必要なビタミンB群、女性に不足しがちな鉄分がともに豊富。ダイエット向きの肉と言えるでしょう。

(3)牛肉

・ヒレ部位……195kcal/100g
・モモ赤み部位……140kcal/100g
・肩赤み……143kcal/100g

※日本食品成分データベース(文部科学省)より

霜降りの肉はおいしいですが、脂質が多いのでダイエットには向きません。鶏、豚肉同様、ダイエットで食べる際は赤身の部位を選びましょう。

次ページ:肉ダイエットのやり方&注意点

お役立ち情報[PR]