お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「無償の愛」とはなにか? 幸せな結婚を手に入れるヒント

石井希尚

「無償の愛」と聞いてあなたはどんなイメージをしますか? 見返りを一切求めない愛? 自己犠牲を厭わない愛? 知ってるようで知らない「無償の愛」。果たして今の自分が恋人や家族に対して抱く愛は無償の愛なのか、気になる人も多いのでは? 今回は、専門家の見解や社会人男女に取ったアンケートを元に、無償の愛について紐解きます。

■知ってるようで知らない「無償の愛」の意味

rf53666293_o

「無償の愛ってなに?」こう聞かれたら、あなたは何と説明しますか? 自信を持って答えられる人はきっと少ないのではないでしょうか。そこでまずは「無償の愛」に対する世間一般のイメージについて、社会人男女にアンケートしてみました。果たしてみんなの考えとは……。

(※1)有効回答数402件

●みんなが考える「無償の愛」5つ

(1)見返りを求めない

・「相手に見返りを求めない。自分のすべてを捧げられる」(女性/53歳/その他/その他)

(2)自分が犠牲になれる

・「どんな犠牲を払っても、相手を守ること」(男性/53歳/医療・福祉/事務系専門職)

(3)一生その人だけを愛すること

・「一生、恋愛感情を持ち続けること! 多分、無理だと思うけど」(男性/65歳/金属・鉄鋼・化学/経営・コンサルタント系)

(4)いつでも味方でいる

・「いつまでも味方でいることと、側にいることを忘れないでいてほしい。大きな愛で包み込む気持ち。自己犠牲ですかね」(女性/44歳/その他/その他)

(5)生存を助ける

・「病気になったときの看病や、赤ちゃんの世話など」(男性/50歳/印刷・紙パルプ/営業職)

家族が病気になったら仕事を休んででも看病することがあるように、「無償の愛」とは相手に見返りを求めない、自己犠牲的なイメージをみなさん持っているようですね。では「愛の宗教」とも言われるキリスト教が説く「無償の愛」とはどのようなものなのでしょうか。牧師でもありプリマリタル(結婚前)カウンセラーの石井希尚さんにお話を聞いてみました。

石井さん:

「無償の愛」というと、キリストや善人しかできない、そんな大それたイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。古代ギリシャ語では愛を意味することばが4つありますが、「他人に提供する愛」としてエロス、フィレオ、アガペーの3つがあります。

まず、(1)エロス(情念的な愛)。これは獲得の欲求ともいえます。不倫関係にある男女はこのエロスによる行動だと言えます。つづいて(2)フィレオ(兄弟愛)。これは友情や兄弟、師弟関係などの間で自然に生まれる愛を指します。そして(3)アガペー(無償の愛)。これがいわゆる日本語でいう「無償の愛」を指します。日本語で「愛」を表す言葉は1つしかありませんが、ギリシャ語だとこんなに種類があるんですね。日本語で「愛」を理解するのが難しいのはこれが原因かもしれません。

さて、「無償の愛」は何か考えるときに一番重要なことは、それが「自分の意思により選択したものかどうか」です。つまり、自分の意思で「この人を愛する」と決めたのであればそれは「無償の愛(アガペー)」と言えます。

フィレオ(兄弟愛)と違う点は、自然に沸いてくる愛かどうか。友情は自然に生まれますよね? それがフィレオです。一方「無償の愛(アガペー)」は、自分の意思によって決めたことなので、相手が見返りをくれるかくれないかは関係ない、そういった愛になります。では「恋」とは何か。恋は感情(フィーリング)に動かされて生じるものなので、愛とは言いません。無償の愛は、恋のように感情に左右されて終ったり始まるものではないのです。

一般の人が抱く、「相手に見返りを求めず、自己犠牲的」といったイメージは、どうやらキリスト教における「無償の愛」と同じだと言えそうです。しかし、「一生同じ相手に恋愛感情を持ち続ける」こととは違うよう……。感情ではなく、意思によって「この人だけを愛する」と決めたかどうか、そこが重要のようです。

さて、そんな「無償の愛」ですが、実際に信じる人はどれくらいいるのでしょう? アンケートを取ってみました。

次ページ:無償の愛なんて嘘? 無償の愛を信じる人の割合は

お役立ち情報[PR]