お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「無償の愛」とはなにか? 幸せな結婚を手に入れるヒント

石井希尚

対象者でどうちがう? 「無償の愛」のカタチ

mb0010005493m

「無償の愛」を実感できそうな関係といえば、アンケートでも多く出た「親子関係」、それから夫婦関係・恋愛関係に大きく絞られるのではないでしょうか。そこで気になるのが、対象によって「無償の愛」は違のかどうかです。社会人男女に、それぞれの関係において「無償の愛」を感じた瞬間についてアンケートを取ってみました。果たして違いはあるのでしょうか。専門家の解説も交えて詳しく検証していきましょう。

●恋愛関係において「無償の愛」を感じた瞬間4つ

6168e48f88adf93fefff5d5ce20f1400

Q.過去の恋愛関係において「無償の愛」を感じたことがありますか?

%e9%81%8e%e5%8e%bb%e3%81%ae%e6%81%8b%e6%84%9b%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%8c%e7%84%a1%e5%84%9f%e3%81%ae%e6%84%9b

(※1)有効回答数402件

先ほど73%の人が無償の愛を信じると回答したにも関わらず、恋愛関係において「無償の愛」を感じたことがある人は37%にとどまりました。少数にはなりますが、「感じた」と回答した人はいつそう思ったのでしょうか。

(1)尽くし続けてもらったとき

・「何も求めず、こちらの要望に応え続けてくれたこと」(男性/57歳/アパレル・繊維/技術職)

・「何の見返りもなく、いろいろと尽くしてもらっている」(男性/49歳/建設・土木/技術職)

(2)彼氏・彼女のすべてが愛おしいから

・「好きな人がすること、行動などすべて素敵に見える」(女性/43歳/その他/その他)

(3)どんなときも受け入れてくれる

・「こちらの気分が悪くてひどい言動をしても理解してくれる」(女性/52歳/その他/その他)

(4)弱ってるときもそばにいてくれた

・「自身が事故を起こしたときにすぐにかけつけてくれた」(女性/56歳/その他/その他)

・「入院しても毎日様子を見て励ましてくれた」(男性/56歳/運輸・倉庫/営業職)

まだ夫婦ではない、彼氏・彼女の関係。それでも相手がケガをしたり病気になったときに必ずそばにいてくれる。そんな行動に「無償の愛」を感じる人が多いようです。また、相手の悪いところも含めて全てを愛せるから、これは「無償の愛だ」と感じる人もいるようです。

●夫婦関係において「無償の愛」を感じた瞬間4つ

0823m_eye

つづいて夫婦関係において「無償の愛」を感じた瞬間を見ていきましょう。恋人関係と比べると8%ほど増えて44.8%の人が経験したことがあるようですね。

Q.夫婦関係において「無償の愛」を感じたことがありますか?

%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%8c%e7%84%a1%e5%84%9f%e3%81%ae%e6%84%9b%e3%80%8d%e3%82%92%e6%84%9f

(※1)有効回答数402件

(1)いつも「無償の愛」を実感

・「いつも思っています。感謝しています」(女性/53歳/その他/その他)

・「いつも大事にされていると感じている」(男性/53歳/団体・公益法人・官公庁/生保・損保)

(2)手料理に感謝

・「手の込んだ料理を作ってくれたときや体調を崩し看病されたとき」(男性/52歳/その他/営業職)

(3)子どもの世話をしている姿に

・「子どもに文句を言われながらも毎日弁当を作っていた」(男性/54歳/電機/事務系専門職)

・「妻が子どもに授乳しているとき。自分が家族を守ると思ったとき」(男性/58歳/その他/その他)

(4)献身的な態度

・「健康管理や私の親の介護など、自身のことより私を中心に物事を進めてくれることが日常多々あります」(男性/56歳/医療・福祉/専門職)

夫婦関係において「無償の愛」を感じた瞬間は、夫から妻に対する日々の感謝がほとんどでした。奥さんの献身的な態度を「無償の愛」として感じている男性が多いようですね。

■親子関係において「無償の愛」を感じた瞬間4つ

mb0010013816m

つづいて親子関係において「無償の愛」を感じた瞬間を見ていきましょう。やっぱり恋人関係、夫婦関係と比べるとダントツで多く、71%の人が無償の愛を感じたことがあるようです。無償の愛は家族関係に近くなるほど生まれるものなのでしょうか?

Q.親子関係において「無償の愛」を感じたことがありますか?

%e8%a6%aa%e5%ad%90%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%8c%e7%84%a1%e5%84%9f%e3%81%ae%e6%84%9b%e3%80%8d%e3%82%92%e6%84%9f

(※1)有効回答数402件

(1)家族円満

・「いつでもラブラブ。子どもたちとはいつも仲良し」(男性/44歳/その他/その他)

(2)子どもへの尽くす気持ちに

・「子どものためなら、命を懸けてもいいと感じたので」(男性/58歳/その他/その他)

・「子どものために自分を犠牲にして働いてくれた」(男性/53歳/運輸・倉庫/その他)

(3)子どもの親への態度

・「いくら理不尽なことをされても、許してくれるから」(男性/64歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

(4)自己犠牲的な援助をされた

・「自分が若いころ、お金に困ったときです。返せないのがわかっているのに、親が援助してくれた」(男性/51歳/その他/その他)

・「私の体調が悪かったとき母は寝食を忘れて私の看病してくれたこと」(女性/59歳/その他/その他)
そばにいて当たり前、尽くしてもらって当たり前……。家族とは、ついそんな風に勘違いしがちですが、自分のために必死に尽くしてくれる姿や、自分が家族のために尽くしてしまうときにふと「無償の愛」を感じる人が多いようですね。

アンケートでは恋人関係<夫婦<親子の順に、無償の愛を感じる人が増えているようですね。関係性が「家族」に近くなるほど実感するものなのでしょうか。もっと言えば、「無償の愛」とは家族関係からのみ、生まれるものなのでしょうか、石井さんの意見を聞いてみましょう。

石井さん:

たしかに「母親から子どもへの愛」がもっとも無償の愛(アガペー)に近いと言われています。母親は自己犠牲を厭わずに、わが子を守ったり育てたりできますからね。とても好きとか愛してるといった感情だけではできないことです。自分でこの子を育てる、守ると決めた(意思)からこそできる行為です。しかし聖書で「無償の愛」というと、キリストの十字架に象徴されるように、他人に対する自己犠牲を厭わない愛を指します。つまり無償の愛(アガペー)は、血の繋がってない人間のあいだで、身内(親子)に抱くような愛を抱くことなのです。難解でしょう。でもそれをわれわれはやっているのです。そう、「夫婦関係」です。

アンケート結果では親子関係の次に夫婦において「無償の愛」を感じる人が多かったようですが、そもそも夫婦の間で感じるもの・感じるべきものなのです。それができない人が増えてるからこそ「離婚」が増えているのではないでしょうか。

なんと、石井さんいわく「無償の愛」とは恋人でも、親子関係でもなく「夫婦」の間でこそ生まれるものだ、とのこと。そして自分で「この人を愛する」と意思を持って決めた相手とじゃなければ、「夫婦関係」を築くことは難しいとも話されました。アンケート結果、石井さんのお話を聞いていかがでしたか?

次ページ:無償の愛を理解したい人に見てほしい映画5つ

SHARE