お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 結婚

【専門家監修】結婚を先延ばしにする彼の心理と対処法

フォルサ

01

早く結婚したいと思っていても、なかなかプロポーズしてくれない彼氏っていますよね。男性は、なぜ結婚を先延ばしにしたがるのでしょうか。早く結婚したいと思っている女性は、どうやって彼氏を説得すればいいのでしょうか。男性が結婚したがらない理由と、結婚を決意させる方法などについて、男女心理に詳しい織田隼人先生の意見を交えながら紹介します。

(1)男性が結婚を先延ばしにする理由

02

男性が彼女との結婚を先延ばしにする本当の理由は一体何なのでしょうか。男性が結婚したいと思う理想の年齢や、結婚を先延ばしにしたい理由などを聞いてみました。また、男性心理について織田先生にも取材しました。

Q.理想の結婚年齢はいくつですか?

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9501

第1位 26~30歳(42.58%)
第2位 31~35歳(25.12%)
第3位 25歳以下(15.07%)
第4位 36~40歳(12.20%)
第5位 41歳以上(5.02%)

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答件数406件(22歳~39歳男性)

26~30歳が第1位で全体の約43%、31~35歳が約25%でそれに続くという結果になりました。20~30代の男性は、30歳前後で結婚したいと思っているようです。この結果を踏まえて、理想の結婚年齢の理由を聞いてみましょう。

<第1位 26~30歳>

・「仕事も安定して、収入面が安心。子どもを作ることも考えて適当かと思う」(31歳/その他/販売職・サービス系)
・「自分は24歳で結婚したけど、少し自分の時間が減って趣味とかを我慢したりしたので、若い時はもう少し自分のために時間を使ってもよかったかなと思う」(35歳/情報・IT/技術職)

収入の安定と自分の時間という2つが大きな理由のようです。独身生活もある程度満喫できたし、お金も少し貯まった頃ということでしょうか。子どもや家などの出費が多い計画も、この頃からなら立てやすく、支払いも早く終わって老後が楽という意見もありました。

<第2位 31~35歳>

・「金銭的に余裕ができる頃だから」(33歳/情報・IT/販売職・サービス系)
・「ある程度、年齢が上がっていて、考えやお金が蓄積されていないと、結婚すべきではないから」(37歳/その他/その他)

この年代の方が仕事も充実していて金銭的余裕もあるからという理由が多く聞かれました。社会人として安定しているので、結婚生活に余裕が持てると考えているようです。

<第3位 25歳以下>

・「お互いのことをよく知れて行動しやすいのは若い年齢だから」(27歳/機械・精密機器/技術職)
・「若い方が新婚生活も子育ても楽しめるから」(24歳/自動車関連/事務系専門職)

20代前半と考えている男性たちは、ほかにも「育児に必要な体力を考えると」や「子どもが大きくなった時に親が若い方がいい」など。子育てを意識した回答が多く見られました。また、もし失敗してもやり直すことができるという声もありました。

<第4位 36~40歳>

・「自分の人生を楽しんでから、人と一緒になる決断をしたいと思います」(29歳/その他/営業職)
・「20代に比べると経済的にも精神的にも成熟しているから。まわりの離婚経験者は人間的に未熟な人が多いと思う」(38歳/その他/クリエイティブ職)

ある程度酸いも甘いも噛み分けてから結婚した方が、結婚生活がうまくいくだろうというように考えているようです「多くの経験をしてからの方が諦めがつくから」といった声も。結婚に対しての考え方が慎重なようです。

<第5位 41歳以上>

・「結婚とか、どうでもいい。めんどくさい」(21歳/その他/その他)
・「結婚するメリットがよくわからないので何とも」(39歳/機械・精密機器/技術職)
40代で結婚したいという男性のほとんどは、結婚願望がないようです。アンケートの数字から考えると、約5%の男性は結婚したくないと考えているということになります。

Q.彼女との結婚を先延ばしにする理由は何ですか?

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9502

第1位 お金がない(40.67%)
第2位 まだ遊びたい(25.36%)
第3位 彼女でいいか迷っている(17.46%)
第4位 結婚するつもりがない(10.77%)
第5位 仕事が忙しい(5.02%)
第6位 結婚したいが別の人がいい(0.72%)

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答件数406件(22歳~39歳男性)

20代から30代の男性が結婚を先延ばしにするのは、「お金がない」という理由が約40%で第1位でした。第2位は「まだ遊びたい」で約25%、続いて「彼女でいいか迷っている」が約17%でした。先延ばしにする理由を詳しく聞いてみましょう。

<第1位 お金がない>

・「やはり結婚は責任重大だから。生活基盤は大事」(39歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「共働きならともかく、妊娠などで収入が一人になることで家庭を守る重圧に押し潰される」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

男性は女性のことを考えて、結婚したら養っていかなくてはいけないというような責任感を持っているようです。経済的に厳しいと相手に苦労をかけそうだからという声もありました。「実際に金銭面が理由で結婚できない友人が何人かいた」という体験談も。

<第2位 まだ遊びたい>

・「結婚すると自由な時間が著しく減ると思う」(28歳/運輸・倉庫/その他)
・「結婚したら、お小遣い制になり自由にお金が使えなくなると思っている」(34歳/電機/営業職)

男性は「自由な時間」と「自由に使えるお金」がなくなることが嫌だと感じていて、回答した男性の4分の1はそう思っているという結果になりました。本音は「まだ遊びたい」「一人の方が気楽」と思っているのでは……という声も。

<第3位 彼女でいいか迷っている>

・「そもそも結婚したい相手であれば速攻申し込むものだ」(35歳/自動車関連/営業職)
・「人生の伴侶だから慎重になるのも当たり前」(22歳/医療・福祉/専門職)

男性は結婚は時間をかけて慎重に考えなくてはいけないと考えているようです。これは女性も同じかもしれませんね。「年齢を重ねるほど慎重に考えると思う」という声もありました。

<第4位 結婚するつもりがない>

・「好きと結婚したいとは違うと思っている」(26歳/建設・土木/技術職)

本音では結婚願望がない男性もいます。「本当に結婚したいなら、いちいち言い訳しない」これが本音かもしれませんね。

<第5位 仕事が忙しい>

・「仕事がある程度軌道に乗ってからだと思う。仕事が忙し過ぎるとプライベートに集中できない」(33歳/商社・卸/営業職)

今の生活が仕事中心で、プライベートのことを考える余裕がないときは、結婚のことなど考えていられないという意見です。結婚の時期とタイミングは男性の仕事の状況と関わっているようです。

<第6位 結婚したいが別の人がいい>

・「交際中の彼女は結婚にはふさわしくなかったから」(34歳/その他/その他)

回答数が少なかったので一概には言えませんが、付き合っている彼女は結婚相手にふさわしくないと感じている男性もいるようです。

Q.結婚を先延ばしにするとき、どんな言い訳を使いますか?

では、先延ばしにする男性は彼女に対してどんな言い訳をするのでしょうか。あくまで言い訳なので、その男性の本音ではなく、当たり障りがないと回答の場合もあります。

①お金がないから

・「金がないことをいいます。現実はしっかり見るべきです」(24歳/その他/その他)
・「自分はお金の話を素直にした、そして二人で貯金から始めた」(33歳/情報・IT/販売職・サービス系)

現実的にも一番多かった「お金がないから」と言う男性が多くいました。本当かウソか見分けるのが難しいし、これなら女性側も仕方ないと思う確率は高いでしょう。

②仕事が忙しいから

・「まだ仕事でやる事が落ち着いていない。収入に不安があるなど、仕事関係を言い訳に使います」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「ストレートに仕事が忙しくて、今は結婚できないと言います。誤解を招かないからです」(25歳/商社・卸/営業職)

男は仕事が一番という考え方が多く見受けられました。今は仕事に打ち込みたいという時期は本当にありそうですよね。「仕事と、私と、どっちが大切なの」というようなことは、逆効果かもしれません。

③今はそのタイミングではない

・「二人にはもっと最適なタイミングがあると思う。それを見極めてからでも遅くない」(35歳/情報・IT/技術職)
・「まだ結婚をするにはふさわしい時期ではないと思う」(39歳/医療・福祉/専門職)
結婚するタイミングとは、何でしょう。家庭を持つ覚悟ができていないという言い訳に、彼女は納得するでしょうか。「じゃあ、いつならいいの!!」のように反撃される可能性があります。

④結婚はまだしたくないと正直に

・「正直、まだ結婚は考えられないと素直にお話をします」(29歳/その他/営業職)
・「今はまだ独り身でありたいからごめんねと」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚と恋愛は別と考えているにしても、うやむやにしてごまかすのでは、お互いにもやもやが残ってしまいそうです。正直に気持ちを伝えてくれた方が、女性の方も納得しやすいのかもしれません。

⑤結婚願望がない

・「はっきり、おまえのことは好きやけど結婚はせーへんでと言う」(26歳/建設・土木/技術職)
・「結婚とか、どうでもいい考えてない」(21歳/その他/その他)

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答件数406件(22歳~39歳男性)

はっきりと結婚はしたくないと言ってもらったほうが、その時はとても傷つきますが、その後のことを考えればありがたいのではないでしょうか。どうしても「結婚」をしたいのならば、別の人を探した方がいいし、それでも別れたくないのならば、彼とは結婚をあきらめるしかないですね。

Q.男性が結婚を先延ばしにする心理を教えてください

それでは男性が結婚を先延ばしにする心理について、専門家の織田先生の意見を聞いてみましょう。

<織田先生の回答>

現状の日本では、結婚は男性に負担が大きいものになっているからです。例えば、夫婦両方が無職になったときに、日本では男性の方が先に責められます。これは、男性が家を支えるものだという認識があるからです。こういった「責任」という名の負担が男性の方が大きいために、男性は結婚に対して「責任は大きいけれど得られるモノは少ない」と考えてしまいます。ただ、男性も35歳くらいになると「今結婚しなければあとがない」という風に天秤が傾きますので、それくらいになると付き合っている女性とは結婚する傾向にあります。

(2)女性の結婚したいアピールについて

お役立ち情報[PR]