お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きバレしちゃった! 好きな人に気持ちがバレたときの「男の本音」と「対処法」

ファナティック

専門家が回答! 好きバレした後の対応とは

好きバレしてしまったら、男性との今後どのように付き合っていけばいいかわからなくなるものです。そこで、心理コーディネーターの織田隼人さんに、好きバレした後の正しい対応について教えてもらいました。

0i9a7278_tp_v

好きバレした後の正しい対応は?

好きバレすることはいいことです。というのも男性からすると「俺に気がある?」という勘違いから恋愛がはじまることが多いからです。男性が「勘違いかも」と警戒してしまうと、恋愛イベント(デートに行くとか、2人で会話する時間ができるとか)が発生しづらくなるので、気があることが知られた方が恋愛イベントも起きやすくなります。

ですので、好きバレした後の正しい対応としては、友達には「とても気になっているけど、本気で好きかどうかわからない」ということを伝えて、それをそのままその好きな相手の男性にも伝えてもらうようにするとよいでしょう。そうすれば、相手は意識しますし、一方通行の恋ではないカタチに持って行くことができます。なぜなら、一方的に女性が惚れていることになってしまうと、相手の男性が調子に乗ってしまうこともあるからです。あとは2人で話す時間を作ったり、LINEでやりとりをして、徐々にお互いの恋の気持ちを盛りあげていきましょう。

好きバレした後に注意すべきことって?

好きバレしたときに注意することは、「好きな気持ちを否定しないこと」、また「ものすごく好きということは伝えないこと」の2つです。

好きな気持ちを否定すると、男性は「勘違いだったのか、俺は脈なしか」とあきらめてしまいます。男性は一度あきらめると、なかなか気持ちが盛りあがりづらくなります。それは、ほかの女性に目を向けようとするからです。

また「ものすごく好きであること」が彼に伝わると、彼が調子に乗ってしまうことがあるので「好きな気がする」とか「気になっているけど、好きかどうか微妙なライン」という風に誘導するとよいです。恋愛は男女が同じペースで気持ちが盛りあがるパターンが、一番うまく付き合いに発展します。彼の気持ちが盛りあがりつつあるときには少しペースを抑えめの方がよいでしょう。また、好きバレしたときに、彼があなたにメロメロになる状態の一歩手前なら、少し落ち着き気味でやりとりをしましょう。

次ページ:「好きバレ」まとめ

SHARE