お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

ゲッ、知りたくなかった! 夫にまつわる「見てはいけないもの」5選

ファナティック

お互いにすべてを理解し合ったうえで「この人なら大丈夫」と思えたからこそ決められる結婚。でも、意外なことに知らなかった一面がポロポロと見えてくることもありますよね。今回は、ふとした瞬間に発見した「夫にまつわる見てはいけないもの」について女性たちに聞いてみました。

夫に幻滅する妻

■残高ゼロの通帳

・「貯金があるあると言いながら、通帳が0円だったこと」(29歳/その他/その他)

・「ほとんど残高のない個人の貯金通帳」(34歳/その他/その他)

結婚生活にはお金がかかるもので、結婚後も万が一のためにある程度の貯金はしておきたいもの。夫の貯金が残高ゼロと知ってしまうと、お金がないことだけでなく、結婚生活に対する責任感すら疑ってしまいそうです。

■マザコンな一面

・「意外にマザコンだった場面を見てしまったとき」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「母親に対してなんでも『うん、うん』と返事をしてしまう姿。まるでマザコン」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

母親と仲がいいなとは思っていても「マザコン」と言いたくなるほどベッタリだと、男性としての夫にもガッカリしそう。もし、自分と母親がもめたときにどちらの味方につくのだろうかという不安もありますね。

■ほかの女性とのメール

・「携帯の画面が目に入るとき、いつも女性から連絡が来ている」(28歳/その他/その他)

・「職場の女性とのメールのやり取り」(31歳/通信/販売職・サービス系)

女友だちとの付き合いまで断ってほしいとは言わないまでも、結婚後に自分以外の女性と夫がメールで連絡を取り合っているのは浮気を疑ってしまいそう。やましいことがなかったとしても、妻を不安にさせることはわかってほしいですね。

■散らかった部屋

・「部屋が汚いこと。掃除したら、生きている虫が数匹床を歩いていた」(31歳/その他/その他)

・「日本酒や焼酎の空き瓶が部屋に散乱している」(33歳/その他/販売職・サービス系)

ひとり暮らしの男性の部屋はそれなりに散らかっていたとしても「仕方ないな」と思えそうですが、限度を超えるとだらしなさを感じそう。整理整頓や清潔感に対する価値観のちがいを感じそうですね。

■元カノの写真

・「昔付き合っていた彼女の写真をうっかり見てしまった」(31歳/その他/その他)

・「たいしたことでもないが、元奥さんとのプリクラが置いてあった。お互いあまり気にしたりはしてない」(26歳/その他/その他)

元カノとはいえ、夫が自分以外の女性の写真を大切に持っていたとしたら、かなりモヤモヤしそう。過去のこととして割り切っているからこそとも言えるかもしれませんが、見えないところにしまっておくのも相手への気遣いですよね。

■まとめ

人にはいろいろな趣味や習慣があるものなので、細かいところまで口出しするつもりはなくても、見てしまうと気になることも多そう。意外な一面としていい意味でのギャップならまだしも、相手に対して幻滅してしまうことなら「できれば見ずにいたかった」とも思ってしまいますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日~12月12日
調査人数:100人(23歳~34歳の既婚女性)

お役立ち情報[PR]