お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

信用できねぇ……。大好きだけど「別れよう」と思った瞬間・6つ

ファナティック

男性がお付き合いをしている女性に対して見切りをつけるとき、決定的な何かがきっかけとなることもあるようです。果たしてどのような決定的なエピソードがあるのでしょうか? 今回は社会人男性に見切りをつけた瞬間について聞いてみました。

takebe160224530i9a0481_tp_v

■浮気をされてしまったこと

・「自分を裏切って浮気などしたこと」(29歳/学校・教育関連/その他)

・「浮気されたこと。もう信用できなくなったから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

浮気など自分に対して明らかな裏切りがわかったときは、彼女に見切りをつけるという男性は多いようです。うすうす感じていたけど、証拠がなくてという場合も含まれているようですが、彼女への信頼の気持ちがなくなるのが大きな理由となるのではないでしょうか?

■人の悪口ばかり言っていて

・「悪口などのメールが絶えなかった」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「会社で同僚の悪口をこそこそ言っているのを見かけたとき。性格が悪そうだと思ったから」(37歳/情報・IT/技術職)

たまになら周囲の人に対しての悪口をいうこともあるかもしれませんが、その頻度が多くなってしまったり、あまりにもひどい内容だったりなどの場合では、うんざりしてしまう男性もいるのではないでしょうか?

■嫉妬深く束縛が激しすぎて

・「友人の話ですが、彼女が嫉妬深く、何をするにも疑われるので3カ月で別れた」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「あまりにも束縛がひどかったので、嫌われるような態度に変化していった。我慢の限界」(33歳/運輸・倉庫/その他)

嫉妬や束縛は、ある日急にはじまるものではありません。男性側としては、最初は我慢をしていたものの、徐々に耐えられなくなってしまうこともあるようです。とんでもない被害を受ける前に、見切りをつける男性もきっといることでしょう。

■ケチな対応を見てしまったとき

・「ケチな女性を見たときは『もう無理』と思った」(33歳/食品・飲料/技術職)

・「ケチな瞬間を見たときに見切りをつける」(33歳/食品・飲料/技術職)

あまりお金を使わない女性は、倹約や節約が上手な女性として見られますが、自分はお金を出さないけれど相手には出させるなど、ただのケチな女性の場合などは話が別です。あまりにも度が過ぎるケチさに、見切りをつける男性もいるようです。

■浪費家で金銭感覚が合わなかった

・「浪費家で、ちょっと一緒にやっていけないときがあった」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「金遣いが荒く、金銭感覚がまったく合わない」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

お金遣いが荒い女性は、男性にとっては決して喜ばしい存在ではないでしょう。それまでは、ちょっとくらいならと目をつぶっていたことでも、あまりにも度が過ぎるようであれば、我慢の限界が来てしまうこともあるのではないでしょうか?

■一緒にいても楽しくなくなってしまった

・「一緒にいてて楽しくないこと。食事中に携帯を触るなど」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「一緒に出掛けるのがかったるそうで、一緒にいてもつまらなくなったこと」(34歳/小売店/事務系専門職)

恋人とは、一緒にいて楽しさを感じたり幸せを感じてなんぼという面もあるのではないでしょうか。しかしそうした気持ちがなくなってしまったら、それは彼女への思いが切れてしまったことを意味しているのかも。こうした感覚的なことが決定打となって、彼女へ見切りをつける男性もいるでしょう。

■ケンカが絶えない

・「ケンカをするときに人格を否定するようになってきた。一緒にいても無駄だと思ったから」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「性格がキツく、何かにつけて文句を言われていて、さらに友人の文句を言われたときに」(32歳/電機/技術職)

性格的に難ありで見切りをつけたという男性もおり、積み重ね以前に発覚した瞬間にアウトだと判断されるケースもあるようです。

■まとめ

男性の多くは、女性と付き合っていく中で徐々に耐えられなくなって見切りをつけることが多いようにも見受けられました。日々、気になることなどが積み重なって我慢の限界で、同じことが繰り返されるようになったときが決定的な瞬間になるのではなるようです。今付き合っている人が自分にとって大切だと感じたら、見切りをつけられないよう気をつけたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月8日~12月13日
調査人数:118人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]