お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 妊娠・出産

【妊娠出産のウソ&ホント】妊娠のしやすさは遺伝するってホント?

尾西芳子

将来妊娠したい、したくないに関わらず、妊娠・出産は未知の世界。出産未経験の女性たちが感じている妊娠・出産にまつわる素朴なギモンについて、産婦人科専門医の尾西芳子先生がわかりやすく教えてくれます。ウソかホントかわからない情報に惑わされずに、正しい知識を身につけましょう!

「いつか母になりたい!」と妊活に励んでいる女性は多いですよね。だけど、妊娠しやすい人・しにくい人がいるのも事実です。そんな中、「妊娠のしやすさは遺伝する」と聞いたことがある人はいませんか? では、実際のところはどうなのでしょう。今回は、そんな遺伝にまつわるウソ&ホントに迫りました!

■本日の「ソボクな疑問」

Q.妊娠のしやすさは遺伝するってホント?

<読者の声>

・子だくさんの親を持つ子は、子どもがたくさんなイメージ。(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・婦人科系の病気も遺伝が関係しそうなので妊娠しやすさも多少影響すると思う。(27歳/医療・福祉/専門職)
・その人の体質や生活習慣によると思う。(27歳/情報・IT/事務系専門職)
・同じ人でも第二子は妊娠しにくい人もいるから遺伝しない。(30歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

■尾西先生のアンサーは!?

答えは……
う~んです!

妊娠のしやすさが遺伝するという医学的データはありませんし、お母さんが妊娠しやすいからといって子どもも妊娠しやすいとは限りません。

「同じ人でも第二子は妊娠しにくい人もいるから遺伝しない」という声も、そのとおりだと思います。ちなみに、第二子が妊娠しにくい要因は、上の子を育てている忙しさやストレス、またお母さん自身の年齢があがっているという側面から来ていることも。ただ体質的に複数個を排卵しやすい人というのは一定数いて、また双子は遺伝しやすいとも言われていますので、そういう意味では、多少は遺伝も関係していると考えられます。

一方で、妊娠しやすさというよりは、不妊の原因となる病気……婦人科系の病気はもちろん、甲状腺疾患、リウマチやSLE(全身性エリテマトーデス)といった膠原病など、遺伝的に発症した病気による「妊娠のしにくさ」みたいなものは関係している可能性はあります。

とはいえ基本的に、妊娠しやすい・しにくいというのは、遺伝以上に、その人自身の体質や生活習慣、環境因子が影響しているはず。コメントの中に「子だくさんの親を持つ子は、子どもがたくさんなイメージ」とありますが、「大家族で育っているために、同じような状況を自然と望んでしまう」という環境因子のほうが大きいことも考えられますね。

ですから、「親が子だくさんだから、自分も大丈夫だろう」と安心するのは危険です。親子といえど体質は異なる場合も多いので、「親がこうだから」と決めつけず、自分の体で気になることがあれば積極的に婦人科を受診するようにしましょう。

(監修:尾西芳子、取材・文:ヨダヒロコ、撮影:masaco)

※次回の更新は12月24日(土)です。お楽しみに!