お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

すんげぇいい女っ……! また会いたくなる「女性のしぐさ」6つ

ファナティック

人を好きになるきっかけは話が合う、見た目がタイプなどがありますが、ちょっとしたしぐさもそのうちのひとつ。もしかしたら、女性にドキッとするようなしぐさをされただけで「付き合おう」と決める男性もいるのかも。そこで今回は、デートのときに女性にされたら、また会いたくなるしぐさについて社会人男性たちに聞いてみましょう。

af0100003429w

■じっと見つめられる

・「自分の顔をじーっと見てくる。ドキドキしてしまうから」(39歳/電機/技術職)

・「私のことをじっと見つめられたときに感じます」(33歳/そのほか/事務系専門職)

話をしていてもじっと見つめながら聞いてくれると、自分に関心があると思えますよね。好意的なしぐさを見せてくれた女性に対しては、男性も同じくらいの好意で応えようと思うのかも。

■髪をかき上げる

・「髪の毛を耳にかけるしぐさがとても好きなので、それをされてしまうとグッときます」(39歳/情報・IT/技術職)

・「髪の毛をセクシーにかき上げるしぐさ」(34歳/運輸・倉庫/そのほか)

女性がセクシーに見える髪をかき上げるしぐさ。長い髪をうしろに払ったり、髪を耳にかけたりなど長い髪を強調するようなしぐさは、女性の柔らかさを感じさせて色っぽいですよね。見た瞬間に、思わず惚れてしまうという男性も多そうです。

■腕を組まれる

・「そっと腕を組んできたりするとドキッとしてしまう」(38歳/情報・IT/技術職)

・「ボディタッチが多いまたは突然手をつないだり、腕を組んだりする」(38歳/情報・IT/技術職)

一緒に歩いているときに女性の方から腕を組んできたり手をつながれたりすると、不意打ちでドキドキするという男性もいるようです。男性から仕掛けることを女性からされるという、意外性がいいのかもしれませんね。

■上目遣い

・「上目遣いでこちらを見られたとき」(38歳/団体・公益法人・官公庁/そのほか)

・「上目遣いをされるとかわいいと思ってしまう」(37歳/情報・IT/営業職)

女性の上目遣いはかなり強力に男性にアピールできるしぐさ。上目遣いでお願いごとをされたら少しくらいのワガママは許してあげようと思う男性も多そう。彼に甘えるときには正面からではなく、上目遣いに慣れる角度が鉄則なのかも!?

■笑顔で話してくれる

・「本当の笑顔で話をしていると好きになってしまいますよ」(37歳/情報・IT/技術職)

・「こっちの目を見ながらされるかわいい笑顔」(37歳/食品・飲料/技術職)

デート中にずっと笑顔でいてくれる女性なら、男性としても2回目のデートに誘わずにいられなさそう。どんな女性も3割増し以上に魅力的に見せてくれる笑顔は、男性からも好意的に見てもらえること間違いなしですね。

■甘えられる

・「おねだりする甘えん坊になる口調」(37歳/機械・精密機器/技術職)

・「甘えられると好きになってしまう、こちらに合わせるのがうまい女性」(36歳/電機/そのほか)

男性に上手に甘えながら自分の思い通りに男性を操る。うまく手の平の上で転がされているかもと思いながらも、まんざらではないという男性もいるようです。女性に甘えられると男らしさを見せなくてはと思うのでしょうね。

■まとめ

かわいく甘えてみたり、ニコニコと彼の話を聞いたり。一緒にいて楽しいと思わせてくれる女性のしぐさに、デート中からどんどん好きな気持ちがわいてくる男性も多いようです。ほかに「顔を覗き込む。距離が近いから」(33歳/運輸・倉庫/そのほか)、「カウンター席で近づいて飲んでるときは楽しさとワクワクがある」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)というように、物理的な距離を近づけてみるのも彼をドキッとさせる方法のひとつ。次のデートで彼にもっと好きになってもらうために、いろいろなしぐさを研究してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月29日~12月1日
調査人数:382人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]