お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

マジでウザい…… 女子が嫌う「ネガティブ男子」の発言・6選

ファナティック

%e3%81%a4%e3%81%8b%e3%82%8c%e3%81%9f男性と話をしていると、まれにうんざりするほどネガティブな発言をする人もいるようです。そんなネガティブな発言や言動について、女性たちに質問してみました。

■どうせ、だって

・「『どうせ、だって』と卑屈な言葉を使う」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「『だって』と『どうせ』しか言わない男性」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

口を開けば「だって……」「どうせ……」そんなネガティブな状態では、話をするのもうんざりしてしまいそうです。こうした男性は、どんなに励ましの言葉をかけても、だって……で返してくるので、対応が難しい一面もあるようです。

■俺なんて

・「すぐに『俺なんて』と言う。ネガティブすぎと思うから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「『俺なんて』など自分を卑下する発言が多い」(29歳/機械・精密機器/営業職)

とにかく自分を卑下するような発言を繰り返す男性もいます。自信がないからなのか、構ってアピールなのかはわかりませんが、こうした男性は行動を起こす前からこうして「俺なんて」という傾向にあるようです。

■悪い結果を想像

・「なんでもかんでもうまくいかないと決めつけて行動している人がいます」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「自分に自信がなく、仕事がうまくいかないことを想像し、落ち込んでいる人がいた。まだ起こってもないことを嘆いていて、ネガティブだなぁと思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

何でもやってみる前からネガティブな妄想が大きくなりすぎて、行動に出せないという男性もいます。そのたびに足が止まり、手が止まるため、なかなか前へと進めないということも少なくありません。

■なかなか立ち直ることができない

・「仕事で失敗すると、いい年してすぐクヨクヨする」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「仕事で失敗するとすぐに『この仕事向いてない』など愚痴が止まらないこと」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

ひとつのことで失敗をしたりすると、そこからなかなか這い上がることができないという男性もいます。落ち込んでいるときの彼の周りには、どんよりとした暗いオーラがまとわりついていて、声もかけられないような雰囲気を醸し出していることでしょう。

■妄想が止まらない

・「事あるごとに『悪いことが起きる予感がする』が口癖な人」(33歳/不動産/専門職)

・「常に『◎◎したら嫌だなー』『〇〇だったらどうしよう』と、男性の癖にマイナス面ばかり気にする人」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

根拠のないネガティブな妄想に取りつかれてしまっているような男性もいます。特に理由もないのに、悪いことが起こるような気がするといい、思っているだけでなくそれを口にしてしまう傾向があるようです。

■仕事に行きたくない発言

・「休日に『仕事に行きたくない『と言いまくる」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「『明日、仕事行きたくないなぁ』という言葉は聞きたくない」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

女性からすると、対応に困ってしまうのが、この仕事に行きたくない発言でしょう。「私だって行きたくないよ」と思う気持ちを抑えつつ、フォローをするものの、ことあるごとにこの発言……さすがにフォローするのもうっとうしいと感じるようになってしまうのではないでしょうか?

■まとめ

男性のネガティブ発言は、ただ落ち込んでいるのとは異なり、ネガティブな発言などをすることで構ってほしいという気持ちも含んでいるようです。身近な女性はできる限りさせたり元気づけようとするものの、あまりにもネガティブな状態が続くと、うんざりもしてしまうようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです


※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数108件(22歳~38歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]