お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キスが上手な男がするキスの仕方6つ!

ファナティック

好きな人と初めてするキスは、ドキドキしつつも「うまいかどうか」が気になりますよね。キスの仕方ひとつで、その人の評価が変わりそうです。ではどんなキスだったらうまいと思うのか、働く女性のみなさんに教えてもらいました!

ナチュラルなあごクイ

・「ナチュラルにあごクイして、ナチュラルに体も触れられる」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「あごに手を掛けて外国の人のようにカッコよくキスをする。上手でないとできないと思うから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

あごクイをさりげなくできる男性は、キスがうまそうなイメージがありますね。わざとらしかったり強引すぎるのはNGですが、ナチュラルなあごクイなら大歓迎かも?

最初は軽く、徐々に激しく

・「初めはフレンチ、そのうちディープになっていく」(26歳/情報・IT/技術職)
・「触れるだけのやさしいキスからだんだん激しくなるキスをしてくれる人。ドキドキするから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

いきなりディープキスをするのではなく、最初は軽めで徐々に激しくなるキスは、ドキドキ感も最高潮! 気持ちが盛り上がるので「うまいキス」と言えそうですね。

相手のペースに合わせられる

・「相手にちゃんと合わせて相手のことも考えられる人」(24歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)
・「こちらのペースにも合わせてくれること。リズムが同じだと、キスがうまいなと感じる」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

自分のペースでガツガツくるのではなく、相手のペースに合わせてキスができるのも「うまいキス」の条件のよう。ひとりよがりのキスだと冷めてしまいますよね。

緩急がある

・「緩急があってうまく操作してくれる男性」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「キスをしているときの強弱や、リズムパターンが豊富」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

強弱やリズムなど、キスに緩急があると「うまいな」と感じますよね。ただ舌を入れてくるだけのキスだと飽きてしまいますが、パターンが豊富だとそんなこともなさそうです。

ムード作りがうまい

・「雰囲気作りがうまい。自然。いやらしくない」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「雰囲気を作り相手の様子を見てタイミングも考える」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

キスをする前の雰囲気作りがうまい男性は、キスもうまそうですよね。相手の様子を見ながら、徐々にキスするような雰囲気に持っていけるのは、かなりの上級テクニックです。

感触が柔らかい

・「唇を甘がみしてくる感じ。それだけで気持ちよくなる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「当たりが柔らかい。感触が気持ちいいのだと思うから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

唇を重ね合わせるというよりも、唇を食べられているような感じがする甘がみキスや、柔らかさを感じられるキスは気持ちいいですよね。好きな人にそんなキスをされたら、心も体もとろけてしまいそうです。

まとめ

自然なあごクイや相手のペースに合わせてくれるなど、どれも「この人のキス、うまい!」と感じられるものばかりでした。テクニック的なこともありますが、どちらかと言えうと「相手のことを考えている」というのがポイントのようです。あなたは彼のキスについて、うまいと思いますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数126件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE