お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

み、見てねぇしっ! 男性が「電車で女性をチラ見しちゃうとき」6シーン

ファナティック

毎日の通勤のために、電車を利用している人も多いはず。そんなとき、ふと周囲から「ジロジロ見られている……!」と気になったことはありませんか? そこで今回は、働く男性のみなさんに「電車でついチラ見してしまう女性の特徴」を、こっそり教えてもらいました。

1.ミニスカートで足を組む女

・「ミニスカートで目の前で足を組まれること」(32歳/運輸・倉庫/その他)

・「ミニスカートで座っている人が足を組み替えるとき」(35歳/自動車関連/技術職)

ミニスカートで足を組んでいる女性を前にして、つい目がいってしまう男性も多いのではないでしょうか。やはり下着が見えてしまわないかドキドキしてしまうようですね。見えそうで見えないという状況が、男性の興味を駆り立てるのでしょう。

2.美人な女

・「美人なら大体見てしまうと思う」(37歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「美人の顔。どうしても見入ってしまう」(39歳/その他/事務系専門職)

きれいな女性がいれば、無条件で見てしまう男性も多いはず。目を引くほど美人な女性なら、同性だとしても「おっ」と目で追ってしまうこともありますよね。電車で周囲からジロジロ見られるときは、「美人」だと思われている証拠だったりして……!?

3.胸元を強調している女

・「胸元が大きく開いた服を着ている人を見たとき」(30歳/情報・IT/その他)

・「胸を強調している女性。男はどうしても目線が行ってしまうと思う」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

胸元が強調されている服だと、どうしても目がいってしまうようですね。男性も意識しているというよりは、本能的に追っているのかもしれません。女性が思っているより、男性が胸に注目していることは忘れてはいけませんね!

4.露出が激しい女

・「露出が激しい服装だと見ますね。チラ見よりガン見」(38歳/商社・卸/事務系専門職)

・「やたらと露出の多い服装で油断している人」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

露出の多い服装も、ついつい目立ってしまうのではないでしょうか。特別な相手だけに見せたいと思ってがんばった露出ファッションも、電車内で多くの目にさらされてしまいます。移動中はコートで隠すのも女性のたしなみですね。

5.太ももが見えている女

・「太ももが見えているとついついチラ見してしまう」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

・「太ももは見やすい位置にあるのでいつでも見てしまいます」(31歳/機械・精密機器/技術職)

座っていると、どうしても目の前に立つ人の太ももが見やすい目線になってしまいます。そこに女性がいれば、男性もつい見てしまうのではないでしょうか。肌が露になっていたら、なおさらのはず!

6.見た目がタイプの女

・「やっぱりタイプな人がいたらバレない程度で見ちゃう」(39歳/情報・IT/技術職)

・「やはり見た目がタイプの女性はついチラ見してしまうことがありますね」(36歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分の好みのタイプの女性だと、チラチラと見てしまう男性は多いのではないでしょうか。できれば、ずっと見ていたいと思っているのかもしれません。頻繁にあなたのことを見ている男性がいたら、もしかしてひと目惚れしているのかも!?

<まとめ>

電車に乗っているとき、まったく周囲の女性を意識していないという男性は逆に少ないのではないでしょうか。きっと異性に目がいくのは本能的なもの。ただし、“いい意味”であなたを見ているのか、“悪い意味”で見ているのか……、どちらのケースもありそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日~2016年10月7日
調査人数:316人(22~39歳の男性)

※この記事は2016年11月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE