お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

あやしい男はココで見抜け! 既婚女性が語る「浮気を繰り返す男性」の共通点・6

ファナティック

「もうしない!!」と頭を下げたはずなのに、再び浮気に手を出すどうしようもない男性というのは、世の中少なくありません。浮気というのは、どうも一度してしまうと、何度も繰り返しがちなようです。では、浮気を繰り返してしまう男性にはどんな共通点があるのでしょうか。既婚女性たちに聞いてみました。

■飽き性

・「飽きやすい。すぐほかの物がほしくなる」(34歳/その他/その他)

・「飽きっぽい性格で、時間もお金も余裕がある人」(29歳/その他/その他)

どんなにほしがっていたものでも、手に入れてしまうと一気に情熱が冷めて、次のものを求めてしまう、という気質の人は、男女ともに珍しくはありませんよね。こういう気質の人は、パートナーに対しても、冷めたら次を求めてしまう傾向がありそうです。

■先々のことが考えられない

・「考え方が子ども。もしバレたら……とか、このあとのことが考えられない。つまり1つのことしか考えられない」(31歳/その他/その他)

理性的な大人であれば、浮気したらその後どんな状況になるのかを考えることができ、たとえ浮気のチャンスがあったとしても、理性で止めることができるでしょう。でも、先々のことを考えられない人は、一時の衝動で行動し、あとで大変な目に遭うのです。

■女好き

・「かなりの女好き、女遊びが激しい人」(30歳/その他/その他)

・「遊び人。一途に彼女の事を思えない人、かな」(34歳/その他/その他)

もともと、女好きの気があって、異性と遊ぶことを何よりの楽しみにしているようなタイプは、結婚しようが何をしようが、その行動をとり続ける可能性が非常に高いでしょう。

■マメな人

・「意外とマメな人。連絡がマメだったり、そのくせこっちの行動を把握したがる人」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「マメなタイプの男性は浮気性だと思う」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

他人に対してマメな男性は、浮気のための裏工作すら、マメに行います。手間暇かけることが苦ではないのでしょうね。マメさで女性にモテ、パートナーへのごまかしもマメさでカバーするのです。

■自覚のあるイケメン

・「自分はイケメンだと思っている。まだ恋愛を楽しみたいと思っているから」(31歳/その他/専門職)

・「自分がモテると思っている人。女に不自由しないという雰囲気を持っている」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

自分が異性にとって魅力的な存在である、という自覚がある人ほど、その魅力を発揮したいのか、浮気に手を出すことも。パートナー以外の女性にちやほやされることで、満足感を得たいのかもしれません。

■女性の気持ちを考えない

・「女性軽視の傾向がある人ではないかと思う。遊びの対象でしかなく、人として傷づけていることにも気づかなそう」(33歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

パートナーの気持ちだけではなく、浮気相手の女性の気持ちもまったく考えることをしない男性なら、結婚していることを黙って、適当な女性と遊ぶこともあるでしょう。パートナーが浮気に気づいて、深く傷ついても、反省すらできないのかもしれません。

■まとめ

浮気を繰り返してしまう男性の多くには、「再犯」を予感させる言動が見られるようです。もし、パートナーの浮気が発覚して「もうしない!!」と言われても、あやしい言動が日常的に繰り返されているのなら、その言葉は信じないように気をつけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月17日〜10月18日
調査人数:110人(22歳〜34歳の既婚女性)

お役立ち情報[PR]