お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 婚活

【婚活に効く、しぐさの心理学vol.9】見逃さないで! 嘘をついているときに出るしぐさ

小高千枝

しぐさや態度は、時に言葉よりも雄弁に人の本音を語るもの。相手に好意があるかどうかを見極めたり、自分の好意を伝えるなど、コミュニケーション力アップに役立ちます。今回は、メディアでも活躍している心理カウンセラー・小高千枝先生に、婚活でチェックしたいウソをついているときのしぐさについて教えてもらいました。

見つめる女性

婚活の場で自分をよく見せようと、ついつい話を盛ってしまったり、嘘をついてしまったり……。よくないと思ってはいても、そんなことをしてしまう人もいるかと思います。そんな嘘を信じてしまって、「付き合ってみたら全然違った」なんてことにならにように、「嘘をついているかも?」というしぐさを頭に入れておきましょう!

嘘が出やすい目元をチェック!

嘘を見抜くのに、目元はチェックしやすいパーツです。“嘘をついている人は、思い出すふりをしながら右上を見る”なんて聞いたことがあるかもしれません。それは、人は空想や未来をイメージしたときに右上を見るという傾向があるからなんです。

左上は、過去の経験を思い出しているとき、右上は経験のないことをイメージしているときを意味します。なので、右上を見ながら経験したことのあるような話し方をしていたら、状況によっては“嘘をついているかも”と思っていいかもしれませんね。ただ、これは科学的にははっきりと解明されていないことでもあるため、こういう傾向があるということを認識の中に入れていただけるといいかもしれませんね。また、男性で多いのが、瞬きが多くなったり目線を合わせなかったりすること。これはわかりやすいと思いますね。

男性が目をそらすのに対して、女性は嘘をついているときは逆に目をじっと見つめてくることが多いです。女性の目力が妙に強くなって、男性側がなにも反論できない状態になっていたら“あれ?嘘ついてるのかな?”と思ってみてもいいかもしれません。

急なオーバーリアクションは、嘘を隠すため!?

自分の話の内容に意識を向けさせないようにするために、早口になったり、身振り手振りが大きくなったり、オーバーリアクションになるということも考えられます。自分の話に自信がないから、リアクションを大きくしてそちらに集中させようとしている可能性があるんですね。不必要な相づちも自己防衛心や早く話を切り上げたい心の反映であり、心の内を明かしていないと言えます。話していて急に動きが出てきた場合は、実は話をはぐらかせようとしているのかもしれないですよ。

手を隠しているのは、本音も隠しているから!?

カフェでくつろぐ男女

心理学的に、手は自分の心を示すと言われています。手を足の間に挟んだりして、相手に手を見せないで話すというのは、不安感情が強く「自分の心の内を見せたくない」という心理が働いているんです。なので、「全部は話していなくて、隠している部分があるんだな」と読み取ることができますね。

会話をしているうちに、手がテーブルの上に出てきたら、だいぶ心を開いて内側を見せてくれているなと思ってOKです。ただ、テーブルの上で両手をがっちり組んでいるというのは相手を警戒している証拠です。テーブルの上に自然な形でふわりと手が置かれている状態が、リラックスして本音で話せているというサインになりますよ。

顔にふれるのは、何かバレたくないことがあるからかも

あごに手を添える女性

顔周りに触れるというのは、不安や自信のなさ、緊張感の表れです。鼻を触るのもその一つ。自分の中にやましいところがあると、相手と目を合わせたくないという心理が働きます。そこで、話しながら鼻を触ると、相手は無意識に鼻に注目してしまうので、相手と目を合わさないで済むんですね。

鼻を触ると、同時に口も隠れます。口に触れるというのは、不安感情を隠そうとしていたり、自分自身を安心させようとしていることにつながるんです。

つまり、鼻に触れる+口に触れているときというのは、自分の話に自信がないとか、本心を出すことをためらっている可能性が高いと言えますね。嘘をついたわけじゃないけど、「あぁこんなこと言っちゃた」とか「これで合ってるかな? でもそういうことにしておこう」と自分の後ろめたさを隠そうとしている状態です。

こういうしぐさが癖になっている人は、常に不安を抱えていたり、自分に自信がないという性格の人が多い傾向にあります。口ではカッコいいことを言っているのに、よく唇を触ったり口元を隠している人というのは、実は自信がなかったり、心配性だったりするんですよ。

急に不自然な動きが多くなってない?

困っている男性

他愛もない話をしていたのに、急に話を変えようとしたり、他のことをして“話しかけないで”というオーラを出している場合も、やはりやましいことがある場合が多いです。それ以上触れられたくないので、他のことに興味をそらそうとしているんですね。タイミングじゃないのに、突然目の前にあるものを触り出したり、足を組みかえたり、髪をいじりだしたり……。無駄にソワソワしだしたら怪しいと思ってください。

「ある話題になった瞬間に不必要な動きが増えた」なんてことがないか、チェックしてみてくださいね。

まとめ

1.目線が右上で、経験談を話していたら、嘘の可能性も!

2.急なオーバーリアクションは、話をはぐらかせたい証拠

3.相手に手を見せないで話すのは、隠している部分があるから!

4.鼻に触れる+口に触れているのは、後ろめたい思いのため

5.やましいことがある場合、不自然な動きが増える

好印象を持ってもらいたいのはわかりますが、婚活はこれから人生をともにする相手を探す場。最初から嘘をつくのは、相手にも自分のためにもなりませんよね。最初からしぐさばかり気にする必要はありませんが、上記のしぐさを知っておけば、ふと相手の嘘を見抜くことができるかも。会話を楽しみながらもソワソワした動きが目につくようなら、本当のことを言っているのか様子を見てみるのがよさそうです!

(石部千晶/六識)

お役立ち情報[PR]