お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 婚活

【トイアンナの婚活塾vol.1】女性に好印象なプロフィール写真を教えてください!

トイアンナ

500名を超えるヒアリング実績と、ご自身の婚活経験から、独自の恋愛・婚活分析論を展開している、恋愛マーケッター・大人気ブロガーのトイアンナさん。婚活のお悩みを徹底的に分析し、ズバッとアドバイスします!

写真を選ぶ男性

■お悩み相談

婚活アプリでなかなかマッチングしません。僕は学歴や収入などのプロフィール条件も悪くないし、自己紹介文もきちんと書いています。唯一自信がないのは、写真です。普段自分の写真なんて撮らないので、適当に大学時代の飲み会の集合写真を載せています。ちゃんと自撮りしたほうがいいんでしょうか? どんな写真が女性ウケするのか、教えてください!(シン/男性/29歳)

■お悩みアドバイス

女性が婚活写真でチェックしている部分は?

トイアンナこれはですね、そもそも「飲み会の写真」が原因なのかどうかを考えなければならないですね。「飲み会の写真」だけでNGになることはないと思います。なぜなら、飲み会の写真って社会性のアピールにもなるはずが伝わる効果がなんあるんですよ。きちんと友達がいて、孤立しているような人じゃないんだな、と安心できますよね。

 

編集部では、何がいけないのでしょうか?

 

 

 

トイアンナいろいろと可能性は考えられますが、例えば、泥酔している写真だったり、大勢写っていて誰がその人なのかがわからなかったりしたらダメですよね。前者は先ほどの社会性にバツがつきますし、後者は「自分の顔をアップで見せたくないのかな?」という印象を与えてしまいます。

 

編集部確かに、顔に自信がないと、自分がはっきりと写っている写真は使うのに勇気がいるかもしれません。

 

 

トイアンナでも、そういう自信のなさは見抜かれてしまいますよね。実は顔の造形なんかよりも、自信の有無のほうがずっと大事ですよ。女性なら「あぁ~」ってなると思うんですが、女性って男性の顔そのものよりも、清潔感を重要視しませんか?

 

編集部あぁ~! そうですね!

 

 

 

トイアンナ「肌がキレイか」「服がシワシワじゃないか」「フケがないか」などですね。婚活において、男性のほうが自分の顔の良し悪しを気にする傾向が強いんですよ。なぜかというと、男性は女性の顔をめちゃくちゃチェックしているから。そのため、女性も自分の顔を重要視してくるに違いない、どうしよう、俺は顔に自信がない、となってしまいます。でも、男性が思っているほど女性は顔を見ていないから、安心してください(笑)。

 

編集部顔に自信がなくても、清潔感を磨けばいいとなると、希望が持てそうですね。

 

 

 

トイアンナあとは、顔からにじみ出る自信や、垣間見える職業も大事です。ヒゲを剃っているかどうかだけでも、その人の職種がどういう系統なのかがわかりますよね。

 

 

編集部例えば、おカタい職業の人を求めている女性は、ヒゲがちゃんと剃ってあるかを気にする、とかでしょうか?

 

 

トイアンナまさにそうです。つまり、顔は社会的ステータスを表す「記号」として見ているだけで、顔の造形を見ているわけではないのです。

 

 

アラサーなのに学生時代の写真はNG!

トイアンナもうひとつ、相談者のシンさんの気になるところは、「大学時代の飲み会の写真」を使っているところですね。私が過去にネット婚活していたときにもよく見かけたんですが「何年前の写真だよ!」というものを載せている男性の多いこと。アラサーなのに、明らかに学生時代のものだとわかる写真を載せているんですよ。

 

編集部シンさんも29歳ですので、まさにそれに当てはまりますね。

 

 

 

トイアンナ大学時代というともう7年以上も前でしょう? これではちょっと、資料として不適切ですよね。

 

 

編集部写真を変えるにあたって、「ちゃんと自撮りしたほうがいいんでしょうか?」と言っていますが、これについてはいかがでしょう?

 

 

トイアンナ私は、男性の自撮りはあまり好きではないですね……。婚活って本気度も見られています。人生へのインパクトを考えると、就活と同じくらい重要だと思うんですよ。就活していたときって、自撮りで履歴書は出さなかったですよね。

 

自分にできないことを外注するという考え方

編集部では、どうするのがいいでしょうか?

 

 

 

トイアンナプロのカメラマンに撮ってもらうのがおすすめです! 最近では、婚活専門の写真館もたくさんあります。私も婚活中は、プロに撮ってもらった写真を使っていたんですよ。

 

 

編集部プロ! けっこうハードルが高そうですね。そこまでするのは恥ずかしいという照れもありそうです。

 

 

トイアンナ私も最初は「わざわざお金を払って自分の笑顔の写真を撮ってもらうほどか!?」と思っていたんですが、意外と自分のベストショットって持っていないものなんですよね。だから、一枚撮っておくと何かと便利ですよ。もうこれを遺影にしようとまで思ってます(笑)。それに、カメラマンは人の良いところを写真におさめるプロです。自信がにじみ出ている表情も、カメラマンさんに引き出してもらえるはず。

 

編集部なるほど。その道のプロに任せるのが一番ということですね!

 

 

 

トイアンナ仕事でも、自社ができないことを、他社に「外注」することってありますよね。それと同じで、婚活でも、自分のできないことを外注するという考え方をすると、うまくいきやすいですよ。

 

■まとめ

1.女性が見ているのは顔の造形ではなく清潔感!

2.古すぎる写真は使うべからず!

3.プロのカメラマンに「外注」してみよう!

(朝井麻由美)

お役立ち情報[PR]