お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 婚活

【ダメ女研究塾】焦る気持ちが止まらない……!「女友だちの結婚を素直に喜べない女」

堀井亜生

今回のお悩み「女友だちの結婚を素直に喜べない女」

結婚を焦るダメ女

33歳、彼氏なし。昔は「自分もすぐに結婚できるだろう」と楽観的に思っていたので、女友だちの結婚も心から喜べました。でも、年々焦る気持ちが大きくなるにつれて、素直に喜べなくなってしまう自分がいます。友だちからの家族写真入りの年賀状を見ることも、女友だちとの集まりに行くこともツラくなってきてしまいました。女友だちの結婚を祝福できない私は、ダメ女でしょうか?

お悩み解決策

「『ダメ女』ではありません! でも、そこで女友だちとの付き合いをやめてしまうと、ダメ女になってしまう可能性も。今のツラい自分を認めてあげて、前に進みましょう」


相談者の方は33歳。年齢的に、女友だちから結婚や出産の報告を聞くことが多い時期かと思います。そんなとき、自分だけが取り残されたような気分になって女友だちの結婚を喜べなくなってしまうのは、おかしなことではありません。

でも、ツラいからといって、女友だちと疎遠になってしまうのはよくありません。いっときの感情で、今まで築いてきた交友関係を狭めてしまうことは、長い目で見るとあなたのためにならないことが多いです。ではどうしたらいいのでしょうか。

「ダメ女」回避のヒント! 大切なのは「悩んでいる自分自身を認めること」

結婚式まずは、結婚を焦っているあなたの気持ちの裏にどういう感情があるのか考えてみましょう。結婚しなくてもいいと思っていたら、焦る気持ちは起きませんよね。結婚はしたい、でも相手が見つからない。だからどうしたらいいかわからなくて焦ってしまう……。つまり、結婚を焦ってしまうのは、「いい相手を探したいけれど見つからない」という気持ちがあるからだということに気づきます。

自分が悩んでいることを認められれば、結婚した友人とも、いい相手選びのコツや結婚したあとのイメージを教えてもらったりと、別の角度からの付き合い方ができるようになります。このように、自分がいい結婚相手に巡り会えなくて悩んでいることを認めて、悩んでいる自分自身を受け入れることが、ダメ女にならないポイントです。

「友だちは結婚していて羨ましい、私も幸せになりたい」という気持ちだけで結婚相手を選ぶと、自分に合わない相手と結婚してしまうこともあります。目的もなく「何か買わなきゃ」という気持ちだけで洋服を衝動買いしたら、結局あまり自分に似合わなかったということがありますよね。焦っている気持ちでは、冷静に相手を見ることができません。

女友だちの結婚を素直に喜べなくなってしまったあなたは、決してダメ女ではありません。
でも、「ツラいから集まりに行かない」「ツラいから誰でもいいから結婚したい」と考えるのではなく、焦る気持ちをきっかけに自分を受け入れてあげて、いい相手に巡り会えるように努力しましょう。

「女友だちの結婚を素直に喜べない女」研究まとめ

(1)悩んでいる自分自身を受け入れることが「ダメ女」脱却のカギ。

(2)焦って結婚相手を選ぶと、自分に合わない相手と結婚してしまう危険性アリ。

(3)結婚した友人から、いい相手選びのコツを教えてもらおう!

お役立ち情報[PR]