お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

【マイナビ婚活白書vol.2】未婚男性の約5人に2人は、バレンタインチョコをくれた女性が「気になる」

バレンタインデー前の時期は、「意中の彼にチョコレートを渡すべきか」「気になるあの子からチョコレートをもらえるのか」など、男女問わず気持ちがそわそわしてしまいますよね。そこで今回は、恋人がいない未婚男女の「バレンタインデー」にまつわるリアルをアンケート調査! 2016年のバレンタイン動向について調べてみました。

バレンタインチョコをプレゼント

今年、バレンタインチョコをプレゼントする予定の女性は3人に1人!

Q.女性にお聞きします。今年、男性にバレンタインチョコをあげる予定はありますか?

男性にバレンタインチョコをあげる予定はありますか?

今年のバレンタインデーにチョコレートを男性にあげる予定の女性は、わずか3割程度に留まる結果に。働く女性のみなさんは、意外にもバレンタインデーをそれほど意識していないということなのでしょうか? 気になるそれぞれの理由を見ていきましょう。

<バレンタインチョコを男性に「あげる」派の女性意見>

・「仲のいい男性に半分本命、半分義理のチョコをプレゼントする予定」(女性/33歳/その他/クリエイティブ職)

・「ちょっと気になる人が最近できたので。タイミングもいいし渡そうかなと……」(女性/25歳/小売店/事務系専門職)

・「シーズンのイベントなので。自分も楽しみだから」(女性/31歳/その他/事務系専門職)

・「昨年、バレンタインチョコを渡していない男性から、ホワイトデーに某老舗ホテルのマカロンをもらったから」(女性/31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「普段お世話になっている人にあげたいから」(女性/29歳/小売店/販売職・サービス系)

<バレンタインチョコを男性に「あげない」派の女性意見>

・「男性の恋人も友人もおらず、職場の男性の人数が多すぎてあげられない」(女性/30歳/自動車関連/技術職)

・「付き合っていた彼と昨年末に別れてから、今は恋愛する気にあまりならないから」(女性/23歳/情報・IT/技術職)

・「(意中でない男性にあげても)勘違いされるから」(女性/29歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「職場にもチョコレートをあげる習慣がないし、昔よりもバレンタインだから男性にチョコレートをあげるという習慣が薄れているような感じがするので」(女性/31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「プライベートでは恋人以外にあげる習慣がないため。現在の職場では、自分以外が男性のため、費用がかかり過ぎるのでやめている」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

女性がバレンタインデーにチョコレートを渡す理由は、「気になる男性にアプローチしたい!」や、「シーズンのイベントであるバレンタインデーを楽しみたい」「去年のホワイトデーのお返しとして」などさまざま。また、意中の相手だけではなく、日ごろの感謝の気持ちを込めて、周囲の男性にプレゼントするという意見も集まりました。一方で、チョコレートを渡す予定がない理由として、「今は恋愛をする気になれないから」「恋人以外にチョコレートをあげる習慣がな い」など、恋愛においてバレンタインデーが特別な意味を持つからこその意見も目立ちました。では、バレンタインチョコをもらう側の男性意見についても聞いてみましょう。

恋人未満の女性からバレンタインチョコをもらったら意識してしまう男性は43.5%

Q.男性にお聞きします。恋人未満の女性からバレンタインチョコをもらったら、相手のことを意識しますか?

恋人未満の女性からバレンタインチョコをもらったら、相手のことを意識しますか?

恋人未満の女性からバレンタインチョコをもらった場合、約5人に2人の男性が「相手のことを意識する」と回答しました。バレンタインデーにチョコレートをもらうことで、相手の女性を意識する男性は少なくない様子。最近は、社交辞令として渡す「義理チョコ」の文化が広まってはいるものの、やはりバレンタインチョコを受け取った男性は、多少なりとも相手の女性に対して思うところがあるようです。

<バレンタインチョコをくれた相手を「意識する」派の男性意見>

・「バレンタインチョコは特別感があるので意識します」(男性/31歳/自動車関連/技術職)

・「『少しは自分に気があるのかな?』と意識してしまいます」(男性/24歳/情報・IT/事務系専門職)

・「もらったチョコの内容やシチュエーションにもよるが、一応そういう相手として見られているのではないかとは思う」(男性/27歳/その他/クリエイティブ職)

・「『バレンタイン=恋愛のスタート』のイメージだから」(男性/26歳/印刷・紙パルプ/営業職)

・「意図が気になる」(男性/25歳/ソフトウェア/技術職)

<バレンタインチョコをくれた相手を「意識しない」派の男性意見>

・「恐らく義理だろうと思ってしまうため」(男性/28歳/情報・IT 技術職)

・「ダイレクトにアプローチがないので」(男性/31歳/自動車関連/技術職)

・「自分だけに配っているように見えないため」(男性/26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「チョコレートだけでは判断できないと思います」(男性/33歳/その他/事務系専門職)

・「調子に乗ってはいけない」(男性/33歳/情報・IT/技術職)

多くの女性たちと同様に「バレンタインデー=特別な日」という認識が、男性たちの中にもある様子。だからこそ、相手の意図が気になって意識してしまうという意見もあれば、「チョコレートだけでは判断できない」「調子に乗ってはいけない」といった慎重な意見も見られました。意識する、しないにせよ、バレンタインデーが男性たちに特別な感情や考えを持たせていることはたしかなようです。

バレンタインデーにもらったチョコレートをきっかけに、相手の女性のことを意識しはじめる男性たちは少なくないことが今回の調査でわかりました。チョコレートをあげようかどうか迷っている女性たちは、日ごろお世話になっている相手やちょっと気になっている男性などに勇気を振り絞ってプレゼントすることで、意外な恋のきっかけが生まれるかもしれませんよ。

次回は、恋人がいない未婚男女の「バレンタインデーのプレゼント」にまつわる本音をお届けします!

(マイナビ婚活編集部)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月20日~1月21日
調査人数:685人 ※22歳~39歳の男性324人、22歳~34歳の女性361人

お役立ち情報[PR]