お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男女の本音 婚活

【婚活女子の実態】いつかこんな風に……! 未婚女性たちの「理想のプロポーズ」5選

森もり子

そろそろ本気で結婚したい! と真剣に考えて出会いを求めている「婚活女子」。アラサー女子の中には、こんな気持ちに共感してしまう女子は多いはず。あるあると頷いてしまう「婚活女子」の実態を、マイナビウーマンの連載「追い込み女子の実態」を描いてくれた大人気LINEスタンプ作者・森もり子さんのイラストにのせて紹介します!

婚活をするなら、いずれたどり着きたいのが、「結婚」です! 「この人となら」と決意して、自分の思いを告げる瞬間……! 妄想するだけで、なんだかドキドキしちゃいますよね。一生に一度の機会だと思うと、理想を追求したい方も多いのでは? そこで今回は、婚活女性たちの「理想のプロポーズ」について教えてもらいました。

■パカッ!

・「指輪の箱をパカッとして、『結婚してください』とシンプルに言われたい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「記念日に普段は行かないようなレストランで指輪の箱をパカッとしてほしい」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

ザ・プロポーズ! とも言える、典型的なシチュエーションにあこがれる女性が多数! 指輪の箱がお気に入りのブランドだったら、さらにテンションも上がります!? 事前に「こういうのが夢なの!」と伝えておけば、叶う確率もアップしますよ。

■ひざまずいて

・「僕と結婚してくださいとひざまずいてくれる」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

プロポーズの瞬間だけは、お姫様気分を味わっていたい……。こんな女性に人気なのが、男性がひざまずき、心を込めてプロポーズをしてくれるスタイルです。「あなたのことを大切にします」という気持ちも、強く伝わってきますね。

■普通がベスト!

・「何気ないときに、会話の中でさらっと言ってほしい」(27歳/金融・証券/営業職)

・「なんでもない日常にうまく織り込んでほしい。思わずキュンとするようなものがいい」(24歳/農林・水産/事務系専門職)

上とはちがい、「プロポーズだからといって、特別なことはしなくていい」と考える女性の意見もありました。堅苦しいプロポーズは、ステキだけどちょっと疲れる!? 結婚後の生活がイメージできるくらいナチュラルだと、思わず「うん」と言ってしまうのかも……?

■凝った演出で

・「バラの花束に指輪を入れててほしい」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「形が変でも手作りの指輪をもって海辺でプロポーズしてほしい、そして後日お店で売ってる指輪を買いに行きたい」(26歳/自動車関連/技術職)

・「東京ディズニーランド。夢の国でプロポーズされたい。まわりでキャラクターたちがお祝いしてくれたらうれしい」(25歳/食品・飲料/専門職)

一生に一度のプロポーズだからこそ! 演出にもこだわって、自分を驚かせてほしい! という意見もありました。サプライズをしてくれるかどうかは、彼の性格次第です。イベント好きな彼なら、期待度高めだと言えるでしょう。

■派手じゃなく落ち着いたもので

・「夜景がキレイなホテルで、落ち着いた雰囲気でさらっとプロポーズされたい。フラッシュモブのような派手なのは嫌」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

プロポーズは、二人だけの大切な思い出です。サプライズは歓迎でも、多くの人を巻き込むような演出は、苦手に思う女性も少なくないはず。彼の気持ちはうれしくても……複雑な表情になってしまいそうです。

■まとめ

理想のプロポーズをしてもらうためのコツは、普段から自分の希望を、わかりやすく伝えておくことです。「こういうのいいなぁ」や「ステキだな~」など、重くならない程度に伝えておけば、彼もきっと察してくれるはず! 婚活をするときには、ぜひ理想のプロポーズについても意識してみてくださいね。

(ファナティック)

※イラスト:森もり子、書き下ろし

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月29日~8月4日
調査人数:125人(22歳~34歳の未婚女性)

お役立ち情報[PR]