お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【婚活女子の実態】どこ見て判断? 男性の「やさしさ」を見抜くポイント5つ

森もり子

そろそろ本気で結婚したい! と真剣に考えて出会いを求めている「婚活女子」。アラサー女子の中には、こんな気持ちに共感してしまう女子は多いはず。あるあると頷いてしまう「婚活女子」の実態を、マイナビウーマンの連載「追い込み女子の実態」を描いてくれた大人気LINEスタンプ作者・森もり子さんのイラストにのせて紹介します!

男性が見せてくれる「やさしさ」が本物か偽物かを見抜けないと、つきあってから「こんな人だったなんて!」とガッカリしがちですよね。そこで働く女性に「本物のやさしい男性」はどこを見ればわかりやすいか、教えてもらいました。

聞き上手かどうか

・「聞き上手かどうか。男はすぐに自分の自慢話をしたがるので、私の話をじっくり聞いてくれる人はやさしいなと感じる」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「会話をしていて、こちらの話をちゃんと聞いてくれるかどうか。自分の話ばかりでなく、人の話も聞いてくれる人は、やさしいと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「私の意見も聞きつつ、自分の意見とちょうどいい落としどころを見つけて提案してくれる」(27歳/金融・証券/営業職)

男性が見せてくれるやさしさが本物かどうか知りたいなら、会話を重ねてみるといいそう。自分の話を聞いてくれ、「自分がいい方向に向かうよう提案してくれる」人は間違いなくやさしい人なのだとか。人の話を親身に聞く行動は、本当にやさしくないとできないですよね。

わざと困らせて反応を見る

・「普段はわがままなんて言わないけど夜の遅い時間に彼に会いたいと告げ、次の日が仕事で早くても会いに来てくれるかは試したことはあります」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「わざと、困るようなことを言ってみる。相手がどこに行きたいか決めているのに、私はどこそこに行きたいと言ってみて私の意見を採用してくれるかなど」(34歳/金融・証券/専門職)

・「頼まれると嫌だろうなということを、あえてお願いしてその反応を見る」(29歳/学校・教育関連/専門職)

また突然のむちゃぶりにも快く対応してくれるかで、やさしさを見抜く方法もいいとか。こんなときにも柔軟に対応してくれ、不快な表情をひとつも見せない男性は「かなりやさしい人」と見て間違いなしですよね。人のために動くことが苦じゃない証拠かも?

誰に対してもやさしいこと

・「誰に対しても同じように接しているかどうか」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「なんだろう? いつでも誰に対してもやさしいことかな? 公平に?」(27歳/医療・福祉/専門職)

八方美人との見極めが難しいものの、やさしいかどうかの重要な判断基準になりそうなのがこれですよね。やさしい人は偏りがなく、誰に対してもやさしいもの。そのせいで時折不器用に見えてしまうのが、本当にやさしい男性かもしれません。

さりげない気配りができるか

・「歩いているときに車に気を付けてくれたり、ものを探しているときに声をかける前に気づいてくれるとき」(31歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「さりげないやさしさがあるか。ドアを開けてくれたり、先に行かせてくれる」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

さらに二人で一緒に過ごしてみて、さりげない気配りをしてくれるかどうかでそれを見抜く方法も。デートに行く予定があるなら、気になる人のやさしさレベルをチェックするチャンス? さりげなく女性をエスコートできる男性なら、合格点かも?

体調が悪いときにどう対応してくれるか

・「体調が悪いときに助けてくれるとか、きちんと行動で示してくれるやさしさは本物だと思う。言葉ではなんとでも言えるから」(29歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「ちょっと疲れた表情をしたときに『大丈夫?』と声をかけてくれる。そういったさりげない気遣いができるかどうかがやさしさだと思うから」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

本当にやさしい人は常に「誰かの役に立ちたい」と考えているため、困っている人を見ると放っておけなくなるもの。体調が悪いときに気遣ってくれたり、きちんと行動でやさしさを示してくれたりする男性は「本物のやさしい人」だと思って間違いなしです。

まとめ

男性の見せかけだけのやさしさに惑わされてしまうと、つきあってから「思っていたのとちがう!」とガッカリしてしまうもの。気になる人が本当にやさしい人かどうかは、ぜひ上記のポイントをチェックして判断してみてくださいね!

(ファナティック)

※イラスト:森もり子、書き下ろし

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月1日~9月8日
調査人数:125人(22歳~34歳の未婚女性)

森もり子

1988年生まれ。福岡出身。性別不詳の元OL。LINEクリエーターズマーケットから発売した「もっと私にかまってよ!」(返事をくれない彼氏を追い込むLINEスタンプ)で話題を集める。2014年11月22日(土)にマイナビより11月22日(土)に恋愛かまってちゃんあるある『もっと私にかまってよ!』が、KADOKAWAメディアファクトリーよりコミックエッセイ『返事をくれない彼氏を追い込んでます。』も11月7日(金)に発売!

●『もっと私にかまってよ!』特設サイト
https://book.mynavi.jp/moriko

 

<Amazonでも購入する>

●『もっと私にかまってよ!』
http://www.amazon.co.jp/dp/4839953147/

●『返事をくれない彼氏を追い込んでます。』
http://www.amazon.co.jp/dp/4040671414/

 

 

 

 

  

 

 

 

 

●彼女に追い込まれてしまう、「追い込まれ男子」の本音とは?
http://news.mynavi.jp/column/moriko/001/

この著者の記事一覧 

SHARE