お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚しても“幸せになれない人”の共通点6つ

ファナティック

友人や会社の人の結婚式に呼ばれると、これから幸せな人生が待っているように見えて、うらやましく思えるものです。とはいえ、必ず全員が幸せになれる保証はありません。結婚しても幸せになれそうにない人の特徴について、女性に語ってもらいました。

自己中

・「自分の事ばかり考えている。相手のことを考えないと幸せにならない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分優先の独身生活を抜け出せない人。他人を思いやれないから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

結婚生活は共同作業ですよね。自己中心的すぎると、相手の負担が多くなりすぎて、いつか破綻してしまいそうです。

ネガティブ

・「ネガティブで不安ばかり抱えている人」(26歳/その他/販売職・サービス系)

・「いつもネガティブ、楽しくない、つまらない」(27歳/電機/事務系専門職)

常にネガティブに考えていると、一緒にいる相手も楽しめないのではないでしょうか。幸せな状況は想像しにくいですよね。

スペックを重視しすぎ

・「スペックだけで人を判断する人。そういう人って、とある人よりも秀でていて優越感に浸れても、上には上がいるので、必ず誰かしらに自分は抜かされる。そのときまた落ち込むことになるから」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「スペック重視で結婚した人。相手のスペックが生涯続くとは限らないので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

学歴などは変わることはないですが、収入に関しては大きく変動することもありそうです。高収入だったとしても、会社が倒産したらどうでしょうか。愛情がなければ、その後を乗り切るのは難しそうですね。

ギャンブル好き

・「ギャンブルなどが好きで、自分の趣味をやめ無さそう」(28歳/金融・証券/営業職)

・「ギャンブルをしている。お金が貯まりそうにない」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

ギャンブル好きだと、どうしてもお金を貯めるのはむずかしそうですよね。勝てば一時的にまとまったお金が入りますが、すぐに資金になってしまいそうです。

不満が多い

・「相手に求めるものが多く、愚痴ばかりになる人」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「相手の不満をいつも言っている人」(33歳/情報・IT/技術職)

不満や愚痴ものろけであれば幸せかもしれませんが、もし本音だった場合は不満がたまっていく一方ですから、いつか爆発してしまうかも。

尽くし過ぎる

・「相手に尽くし過ぎる人、我慢している人」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「自分という人格を押し殺して、全てを相手にささげるみたいな人」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

感謝をされるのであれば、相手に尽くすのはいいことかもしれません。ですが、それが当たり前になって感謝もなくなってしまうと、相手からの愛情も期待できないかもしれませんね。

まとめ

幸せな結婚生活を送るには、愛情が続くということが前提かもしれません。お互いが対等で尊敬し合える夫婦であれば、幸せに過ごしていけそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数110件(22歳~35歳の働く女性)

 

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE