お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム カップル

モテる女に学ぶ! 痛い勘違い女にならない鍵は「相手のこと」を考える姿勢にあった!

「自然に男性の注目を集めるいい女になりたい!」「魅力的な女性になりたい!」と、毎日自分磨きにがんばっている女性は多いのではないでしょうか? 努力が実り、周りに変化が起こってくると自信にもつながりますし、うれしいものですよね。
ただ、あまり自意識過剰になると、本当にモテるわけではないのに自分ではモテると思っている、痛い「勘違い女」になってしまう危険性があります。
そこでここでは、ぜひ知っておきたい痛い「勘違い女」と本当に「モテる女」の違いを紹介していきます。

男性にうざいと思われている「勘違い女」

勘違い女とは、「自分はかわいい!」「モテる!」と思い込んでおり、周囲から見ると「痛い人」になってしまっている人のことです。そして恐ろしいことに、発言や行動で周りがドン引きしていても自分ではわからず、他人に指摘されるまで自分が勘違い女として振る舞っていることに気がつかないのが特徴です。あなたの周りに、次のような人はいないでしょうか? 勘違い女がよく取りがちな行動には、例えば次のようなものがあります。

 

<勘違い女がやりがちな行動>

・自撮りが大好き。SNSにきめ顔写真ばかりをアップする
「自分はイケてる!」と思い込んでいるからか、写真が大好きで、芸能人並みに自分の写真を投稿したがる勘違い女は多いです。

・リア充アピールがひどい
SNSへの投稿でも知り合いとの会話の中でも、相手の都合はお構いなしに「いかに毎日が充実しているか」を話したがります。基本的に自分のことにしか興味がありません。

・自分の知識をひけらかす
例えば、他人のマナーの間違いを人前で指摘するなど、相手の気持ちを考えることより自分の知識をひけらかす行動を取りがちです。

・上から目線で説教やアドバイスをしたがる
自分に自信があるからか、仕事でも恋愛でも、「経験豊富な私が教えてあげる」という姿勢でアドバイスをしたがります。聞いてもいないのに、自慢話に発展することもよくあります。

・ファッションやメイクが年齢と合っていない 20代のころのファッションをそのまま続けているなど、年齢やTPOに合わない格好をしがちです。

このような勘違い女になってしまうと、男性にも「この人は自分のことをかわいいと思っているんだ…」「何でも自分が一番なんだろうなぁ」などと思われてしまいますので、なかなか恋愛に発展しません。それどころか、「関わりたくない」「うざい」と思われてしまうことが多いのです。

モテる女は「自然体」

では、このような勘違い女の対極にあたる、本当にいい女、モテる女にはどのような特徴があるのでしょうか? モテる女子も「自分がそうだと気がつかないままに振る舞っている」という点では、勘違い女と違いはありません。しかし、その行動の内容には、雲泥の差があります。

<モテる女子の特徴>

・いつも素敵な笑顔 いつも明るくポジティブな人の周りには、自然と人が集まります。モテる女は、いっしょにいるとこちらまで楽しくなってくるような、そんな雰囲気を持った人です。誰に対しても公平で、媚を売ったり、人によって態度を変えたりすることもありません。 ・聞き上手 聞き上手であることも、モテる女が持つ重要な要素の1つです。大きなリアクションや「もっと教えて!」などの言葉で相手の話への興味をストレートに表現し、どんどん話を引き出してくれます。 もちろん、途中で「私の話を聞いて!」とばかりに話を割り込ませることもありません。

 

・相手のことを気遣う
いい女は相手の立場に立って考え、行動することができますので、たとえ相手が間違っていても大勢の前でその間違いを指摘して、相手に恥をかかせるようなことはしません。同様に、正面から男性のプライドを傷付けてしまうようなことも避けます。

・褒め上手 誰でも長所があれば短所もあるものです。相手の批判やダメ出しはせずに、その人のいいところに目を向けるのがいい女です。

・自分に合った服装・メイクをしている
無理に若さや流行を追いかけるのではなく、自分の良さをわかった上で、それにピッタリ合った服装やメイクを選ぶことができるのもモテる女の特徴です。

勘違い女は、何をするにもまず自分第一なのに対し、モテる女は自然体で周りへの気配りができる女です。 男女関係なく好かれる、人間としての魅力を備えている人だといえるでしょう。

痛い女にならないための5つのポイント

注意したいのは、勘違い女がもてないのは、決して女性としての魅力がないとか、モテるための努力が足りないわけではないということです。むしろ、人一倍ファッションやメイクに気を使い、恋愛の情報にも敏感な人が多いのです。
それなのに、結果として痛い女になってしまうのは、その努力の方向がずれてしまっているからです。勘違い女ではなく、できるいい女になってモテ子の仲間入りをするために、気をつけたい5つのポイントを紹介します。

ポイント1 何でも恋愛と結び付けて考えない
勘違い女にならないために一番大切なのは、自意識過剰にならないことです。 例えば、普段の友達や同僚との会話で「明日って休みなの?」など、相手の予定を聞くような表現が出てくるのはよくあることです。そこで「もしかして誘われてる!?」と、すぐに恋愛に結び付けて自分に都合のいいように考えるのはやめ、客観的な目で見る癖をつけましょう。

ポイント2 自分のこと以外にも興味を持つ
どんな人でも、この世で最も興味があるのは自分のことです。
ですから、自分のことが大切なのは自然なことなのですが、周りの人もそれぞれ自分自身のことが大切であるということを忘れてはいけません。相手が好きなものやこと、がんばっていること、大切にしていることなどに興味を持ち、それを尊重し共感することは、モテる女の必須条件です。

 

ポイント3 自慢話はしない
本当にモテる女性は、自分から「私はこんなにモテるのよ!」とは言いません。むしろ本人は、その状態が当然なので、モテているということに気付いておらず、周りから「○○さんはすごくモテるよね!」と指摘されて、やっと気が付くのが普通です。

「合コンで一番のイケメンにLINEのID聞かれちゃった」「今まで30人以上に告白されたことがあって…」など、無意識のうちに自分から「私はモテるのよ」アピールをしてしまっていたら要注意! さらに、意見を求められてもいないのに、人のファッションやメイクに口出しをしたり、恋愛のアドバイスをしたりしていないかどうかもチェックしてみましょう。

ポイント4 聞き上手になる
「友達の話を聞いているあいだも、自分のことを話したくてウズウズしている」「話の切れ目があれば、『そういえばこのあいだね…』など、すぐに自分の話を始めてしまう」といったことはないでしょうか?
自分の話ばかりをするのは、相手に「私は自分にしか興味がありませんよ」というメッセージを送っているのと同じです。相手の話に興味を持ち、しっかり聞く姿勢を見せれば、相手も気持ち良く話せますし、自分の話も気持ち良く聞いてもらえます。

ポイント5 ファッションは自分に似合うかどうかを大事にする
流行に関係なく自分に合ったコーディネートをすることは、等身大の自分を受け入れて、自分の良さがわかっていないとできないことです。そしてそれは、自然にモテるいい女に、必須の条件となります。
「女優の○○がドラマで着ていたから」「ミニが好きだから」などの理由で、似合う似合わないを考えるまえに服を選んでしまっていたら、一度どんな雰囲気を作りたいのか考えてみてはいかがでしょうか?

【まとめ】

いい女になるには努力も必要ですが、方向性も重要です。「がんばっているはずが、いつの間にか勘違い女になっていた!」などという悲しいことにならないためにも、自分の行動を振り返ってみることも大切かもしれませんね。

お役立ち情報[PR]