お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

シミ、しわ、たるみの原因に。専門家が教える「隠れ炎症」の予防&ケア

鈴木 絢子

最近テレビでも取り上げられている、今話題の「隠れ炎症」。炎症と聞くと、肌が赤くなったり腫れたりするイメージがありますよね。しかし「隠れ炎症」は細胞レベルで反応を起こしているため、表立って見えるものではありません。体の中でくすぶっている目に見える前の段階のことをいい、目に見えるときにはすでに発症しています。自覚症状がないので気づかない人も多いですが、放っておくと大変なことに。美容家の鈴木絢子さんと、杏林製薬スキンケア研究所所長の山田利光さんに、くわしいお話を聞きました。

■「隠れ炎症」とは?

そもそも人間の体は、毎日あちこちで炎症を起こしています。これは、有害な刺激や体内に侵入してきた異物に対する自然な防御反応。肌の内部でも、紫外線や寝不足、乾燥など、日々のさまざまな刺激によって、小さな炎症が発生しては自然に解消されています。ところが、年齢とともに自己回復力が低下し、炎症が解消されずに蓄積していきます。これを「隠れ炎症」といい、放っておくと、シミやシワ、毛穴の開きやガサガサ肌など、見た目老化につながります。

■原因

不摂生な生活や精神的ストレス、栄養の偏り、食べものに含まれる添加物は「隠れ炎症」を深刻化させる原因になります。また、デスクワークやパソコン作業などで「長時間座りっぱなしの生活」をする人は、運動不足による肥満や血流の悪化をまねき、「隠れ炎症」が進行します。

■「隠れ炎症」度チェック

自覚症状がないため、油断しやすい「隠れ炎症」。チェックシートで自分の現状を確認しましょう!

□ 脂っこい食事を好んで食べる
□ 喫煙習慣がある、もしくは喫煙習慣があった
□ 紫外線対策を忘れがち、もしくは怠っていたことがある
□ 便秘気味だ
□ 毛穴が目立つようになってきた
□ 寝跡が消えにくくなってきた
□ 会議室やレストランで、自分だけ「寒い」と言ってしまうことがある
□ 肩こりや腰痛が慢性的になってきた
□ デスクワークやPC作業で座りっぱなしの時間が長い
□ 肌が乾燥しやすい
□ 口が渇きやすい
□ 咳やたんが出やすい
□ ダイエットしても痩せづらくなってきた
□ 階段ではなくついエスカレーターを使ってしまう
□ 休日は家にいることが多い
□ まわりの人にイラっとしてもガマンしてしまうことがある
□ ストレスをためやすいほうだと思う、ストレスが多い
□ 心から笑っていない、と思うことがある
□ 睡眠時間はだいたい6時間以下だ
□ 夜寝る前に、スマホやPCをチェックする

「6個以下」……軽度
「7~14個」……要注意
「15個以上」……危険信号

7個以上当てはまった人は、次で紹介する「予防&ケア」をぜひ参考にしてみてください。

■「隠れ炎症」を予防&ケア

■スキンケア

顔を洗ったり拭いたりするとき、ゴシゴシこすらないことがポイント。ただでさえ肌は紫外線のダメージを受けているので、物理的な刺激は最低限に控えましょう。シャワーを直接顔に当てるのもよくありません。顔のお手入れをするときは、肌への浸透を高めるハンドプレスや、まんべんなくつけることができるコットンなど、方法を使いわけるのがオススメです。

■食事

秋刀魚など、青魚に含まれる「オメガ3系の油」は、細胞の酸化や炎症を抑える働きがあります。皮と身の間に良質な油があるので、皮ごと食べるように意識しましょう。また、旬の食材はたんぱく質や脂質、糖質などの豊富な栄養素がたっぷり。今の時期なら、トマトやなす、みょうがやゴーヤなどが旬な食べものです。

■運動

全身の筋肉の7割は下半身に集中しているため、スクワットが効果的。1日10回、2~3セットを繰り返しましょう。また、仕事中や通勤中イスに座っているときにも工夫を。L字型になるよう、ひざとくるぶしをピッタリつけてください。そのまま、かかとを上げ下ろしするのもオススメです。通勤や買い物など日常生活の中でも、エレベーターやエスカレーターの使用を極力避け、階段を使うだけでも体に変化が現れてきます。

■睡眠

良質な睡眠の鍵をにぎる「メラトニン」は、明るい環境にいると分泌量が減ってしまい、体内時計が狂ってしまいます。睡眠障害やうつ、生活習慣秒などの原因にも。眠る1~2時間前はスマートフォンやパソコンの画面を避け、できるだけ暗くて静かな環境で過ごすように心がけましょう。

■日焼け止めのポイント

メーカーが指定している日焼け止めの量を知っていますか? 実は、規定の量を塗れていない人が多いようです。紫外線の当たりやすい頬骨や眉毛の上や、ムラになりがちな頬や面積の広いおでこなど部位は、いつもより多めに塗りましょう。日焼け止めの選び方としては、パッケージに記載されているSPFとPAの数値を1日中外にいる場合はSPF50を。コンビニなど近所に出かけるくらいなら、SPF25~30が目安です。意外と見落としがちですが、シミの原因を防いでくれるPAにも意識しましょう。アウトドアに行くときは、PA++++の日焼け止めを塗ってください。また日焼け止めは、紫外線をブロックする散乱剤と、吸収してエネルギーに変化する吸収剤の2種類あります。散乱剤に比べて、吸収剤のほうが紫外線をブロックする力が強いですが、肌にダメージを与えることも。肌が弱い人は、散乱剤を使用していない日焼け止めを選びましょう。

■最後に

「隠れ炎症」は自覚症状がないので、「まだ大丈夫」と油断していると危険です。大切なのは、内側と外側の両方からケアすること。日々の生活習慣を見直して、適度な運動や十分な睡眠、バランスのいい食事を心がけましょう。

 

(監修:鈴木絢子、山田利光 取材・文:マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]