お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

【良縁遠ざけ女子】誤解しがち? 「運命の出会い」は“ある”ではなく“育む”もの

にらさわあきこ

「幸せな結婚につながるような恋愛がしたい!」と思っていても、なかなか「いい出会いがない」と嘆いている女性は少なくないはず。もしかしたら、自分では気がつかないうちに、出会いのキッカケを逃してしまっているのかも……。そこで、恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこさんが、「良縁を遠ざけてしまうNG行動」を毎回ご紹介。解決のヒントをチェックして、素敵な異性を引き寄せる女性へと近づいて♪

●今回の良縁“遠ざけ行動”は?

「いつか運命の相手に出会えると思っている」

「まだ彼はいないけど、運命の人に出会えてないだけよね」「ビビッと感じる男性と出会えたらわかると思うのよ」などと言いつつも、気がつけば数年以上も恋をしてないというみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。

「運命の恋」って、待っていれば本当にやってくるものなのでしょうか? 今回は「運命待ち」のみなさまに対する処方箋です。

●「運命」は、実は後づけ

結婚をした女性たちは、「つらい恋もしたけど、夫とはなぜかスルスルうまくいったのよ」とか、「これが運命なのかとわかる相手にきっと出会えるわよ」といったことをよく口にしますよね。そして、これらを聞いていると、「そうか、運命を待てばいいのね」と思いたくもなりますがノノノノン! 誤解してはいけません。

運命の彼と結婚した人は、「結果的にそうだった」と言っているだけで、最初から「運命待ち」をしていたわけではないのです。みなさま、ちゃんと出会いに挑戦して、恋をして、失恋をして……を繰り返すうちに、「結果的に」運命の彼を手に入れているだけなのです。

●ビビッと“くる”人は、たしかにいる

それでも「私、ビビッとくるのを待っているの」という方は、思い出していただきたい。これまでの人生でビビッときたことが何回くらいあったかを。つまり、ビビッと運命の相手を感じることのできる女性はいるんですね。たとえば松田聖子さん。「会った瞬間にビビビときた」と語ったことのある聖子さのようにビビッを感じとれる人は、実はフリーのときには、年に数回ほどビビッときているものですが、あなたは何回ビビッときていますか? 「ない」という人は自分の能力を疑ってみてもいいかもしれませんよ。

●運命の恋は手に入れていくもの

というのも「運命の恋がある」と思うと、つい、新しい出会いに挑戦するのを怠ったり、「ちょっといいな」と思う男性がいても、がんばろうとすることを止めてしまったりしがちです。だって、彼が「運命の相手」なら、特に努力をしなくてもうまくいくはずなんだから……。でも、本当にそうなのでしょうか? あなたが少しがんばれば、「実はうまくいったかもしれない」相手が何人かいたのではないですか?

もしもあなたが出会いに挑戦していたら、あなたの社交能力がみがかれてあなたの魅力を見つけてくれる男性が「運命の出会い」をもっと早く運んできてくれたのではないですか?

そう、「運命の相手」とは、「手に入るもの」ではないのです。あなたがていねいに人間関係を築き上げていく中で浮かび上がってくるもので、最初から「存在する」ものでないからです。

●まとめ:「いつか運命の相手に出会えると思っている」あなたへのアドバイス

どんな女性にも、ちょうどいい「運命の相手」はいます。けれど、何もしないで待つだけでやってくるものではないのです。だって、運命はあなたがいろんな人としっかり人間関係を築きあげる中で、育まれるものだから。「運命の出会い」をしたいなら、恋を求める姿勢を忘れないで、ていねいに男性と関係を築いていきましょう。

(文:にらさわあきこ イラスト:カツヤマケイコ)

お役立ち情報[PR]