お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

「イイ女」だからこそショックが大きいギャップランキングTOP5

ファナティック

女性に対して感じるギャップがいい意味でのギャップなら好感度がアップすることもありますが、逆だと一気に冷めてしまうことも。特に「イイ女だな」と思っていた相手に対しては、そうでない女性にギャップを感じたときよりもドン引きすることがあるようです。今回は、「イイ女」だからこそショックが大きいギャップについて男性たちに聞いてみましょう。

Q.「イイ女」がこうだと知ったら、通常の女性がそうだったときよりも引くなと思うことはなにですか?

●第1位/「食べ方が汚い」……32.3%
○第2位「言葉遣いが汚い」……23.0%
●第3位/「頭が悪い」……15.0%
○第4位/「身なりがだらしない」……8.0%
●第5位/「ファッションセンスがない」……7.5%
※第6位以下省略。

イイ女なのに「食べ方が汚い」というギャップが、一番ドン引き度が高いようですね。では、それぞれの回答についてどうして引いてしまうのか理由を聞いてみましょう。

■第1位/「食べ方が汚い」

・「ちゃんと親からしつけや教育を受けていないんだなぁと思ってしまう」(25歳/小売店/その他)

・「食事するときはその人の普段の生活が見えるから」(22歳/食品・飲料/その他)

・「付き合う、結婚って考えたときに、食べ方が汚いのはつらい」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

パッと見はきちんとしていそうだけど、食事をしている姿を見ているとしつけを受けなかったのかと思わせるほど汚い。そういう女性と一緒に食事をしていると、自分自身も気分が悪いし、まわりの目も気になりそう。食事というのは、生活の基本でもあるだけに我慢するのも難しそうですね。

■第2位/「言葉遣いが汚い」

・「言葉に上品さが感じられないと、ガッカリします」(38歳/運輸・倉庫/営業職)

・「言葉はときとして凶器に変わるから」(36歳/商社・卸/営業職)

・「言葉は人柄を現すと思うから」(33歳/小売店/営業職)

TPOに合わせた言葉遣いができる、人を不快にさせない話し方ができるというのは、コミュニケーションを取るうえでも大事なことですよね。話していてイラッとするほど乱暴な言葉遣いの女性や人を傷つけることを平気で言える女性は、その人柄もあまりよくないと思われてしまうようです。

■第3位/「頭が悪い」

・「話がかみ合わない程度のばかは困る」(37歳/情報・IT/技術職)

・「頭が悪い、具体的には常識がない人間は誰であろうと嫌いである」(35歳/機械・精密機器/その他)

・「価値観がちがうので」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

自分とは話題が合わない、話の内容に知性が感じられない。勉強ができる、できないという意味での頭のよさではなく、知性がない女性というのは、付き合っていても疲れそう。価値観や話題が合うか合わないかというのは、性格の一致と同じくらい大事だと思っている男性も多いようですね。

■まとめ

その女性の普段の生活や内面が垣間見えてくる食事の仕方や言葉遣い。一緒にいて恥ずかしく思うような女性だと、いくら「イイ女」だと思っていたとしても急に「イヤな女」に変わることがありそうですね。今回挙がった回答は、どれもすぐに直るものではないし、それまでの人生すら見えてきそうなものばかり。内面的にも「イイ女」になるには、生活習慣やクセなども含めて見直す必要があるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月13日~7月14日
調査人数:226人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]