お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

この子、もういいわっ! 男性が、デート中に相手の女性の冷めてしまった瞬間9

ファナティック

好きな人とのデートは楽しくて仕方がない時間のはず。でも、デート中に相手の言動を見ていて、好きだった気持ちがどんどん冷めていくという経験をした男性たちもいるようです。今回は、女性のどんな言動を見せられて気持ちが冷めてしまったのかを男性たちに聞いてみましょう。

■態度が悪かった

・「他人に対する言葉遣いの悪さ」(38歳/運輸・倉庫/その他)

・「レストランが気に入らない、食事代を払えとキレはじめた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「こちらが好感を持っている、共通の知り合いの悪口を聞かされたとき」(39歳/その他/営業職)

デートで行った場所が気にいらないと文句を言う、店員に対してえらそうにしたりする。デート中に女性の態度の悪さ、性格の悪さが垣間見えると急に気持ちが冷めることもあるようです。いくら好きな相手でも、人間性を疑うような言動を取られると気持ちが冷めてしまうのは仕方ないかもしれませんね。

■会話が成り立たなかった

・「お互い言葉が少なくなると、早く帰りたくなる」(39歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「会話がかみ合わないとき」(35歳/商社・卸/営業職)

・「言葉のキャッチボールが成立しない」(38歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

一緒にいることが自然に思えるくらい付き合いが長くなってくると、沈黙も心地よく感じるかもしれませんが、やはりデートで会話が続かない相手とは一緒にいるのも苦痛になりそう。どんな話題を持ち出しても会話がかみ合わなかったり、話題が途切れがちになるというのは、相性が悪いのかもと思ってしまうのかもしれませんね。

■自分に興味を持ってもらえなかった

・「私が会話してる途中で携帯をチェックしだしたとき」(37歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「野球の話をしているとき全然興味を持って聞いてくれないとき」(35歳/学校・教育関連/専門職)

・「食事中に自分を無視して長電話をはじめてしまったこと」(36歳/その他/その他)

どんなときも携帯を手放せない人がいますが、デート中に携帯をいじったり、長電話したりというのは相手に対して失礼ですよね。せっかく二人で時間を過ごしているのに、自分以外のことに興味を持たれると、男性としてはいたたまれない気持ちになるかもしれませんね。

■まとめ

デートをしたいと思うくらい好きな相手でも、気持ちが急に冷めてしまうような言動。相手の立場に立って考えていない気遣いの足りない言葉や一緒にいるのが恥ずかしいほどのまわりの人への態度の悪さ。こういう一面があったのかと思ったとたんに、好きだという気持ちがなくなることは多そう。デートのときに限らずですが、周囲の人への気遣いややさしさというのは忘れないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月13日~7月14日
調査人数:226人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]