お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

些細なことだけど、ポイント高い! 女性にされるとうれしい気遣い4選

ファナティック

仕事でミスをしてしまったときや落ち込んでいるときは、気持ちも沈みがちになってしまうもの。まわりの人も、どのように対応してあげればいいか困ることもありますよね。そんなときに女性ならではの気遣いを見せてあげると、好きな男性もグッときてしまうかもしれません。どんな気遣いをされると男性はうれしいと思うのか、男性の本音を探ってみました。

<女性にされるとうれしい気遣い>

■疲れているとき

・「疲れているときなどはそっとしておいてくれること。疲れているときに何かと話しかけられると、もっと疲れてしまうから」(32歳/その他/その他)

・「疲れているときに肩をもんでくれた」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「疲れているときにやさしくしてくる」(32歳/金融・証券/専門職)

仕事に追われて疲れ切っているときに、女性からやさしい気遣いをされると、じーんときてしまう男性も多いのかもしれません。相手がどのような対応を望んでいるか、見極めが必要ですね。

■食事のとき

・「料理を取りわけてくれる。些細なことだがこれはポイント高いと思う」(36歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「食事の際に取りわけてくれる。気配りができて感心する」(31歳/その他/その他)

・「食べ終わった皿を、そっと自分の皿に合わせて端に寄せてくれたとき」(30歳/自動車関連/その他)

食事のときに、さりげない気遣いをできる女性には、好感を抱く男性も多いようです。最近では「ミエミエだから嫌だ!」という男性もいるようなので、相手がどちらのタイプか気をつけなくてはなりませんね。

■体調が悪いとき

・「体調が悪いときに気を使って何かを買ってきてくれたり、メールや電話で『元気?』とかまめに連絡をくれる」(34歳/食品・飲料/営業職)

・「体調があまりよくないとき、顔色や雰囲気などで、察してくれて、しばらくゆっくり休ませてくれるとき」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「体調を気にしてくれる。体調が悪いときはひと言でもあると元気が出るから」(38歳/機械・精密機器/技術職)

体調が悪いときは、いつもより気持ちも弱ってしまいますよね。何も言わなくても、顔色を見ただけで気づいてくれると、男性もうれしく思ってくれるようです。

■服装を気にしてくれるとき

・「服についている髪の毛をさりげなく取ってくれたとき」(37歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「服装の乱れなどの指摘。いろいろ見てくれている気がするから」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「服についたホコリを取ってくれる」(38歳/建設・土木/その他)

服装に乱れがあるときにチェックをしてくれると、男性にとってはありがたいかもしれませんね。特に外回りのある男性だと、自分が恥をかいてしまうことになるので、よりうれしく思えるのかもしれません。

<まとめ>

ほかの人には気づいてもらえないようなことを気遣ってもらえると、うれしく感じる男性が多いようですね。気になる男性のことを細かくチェックしていると、ちょっとした変化をすぐに気づけるため、ほかの女性より一歩リードできるチャンスが訪れるかも?

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月5日~2016年7月7日
調査人数:396人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]