お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「ケンカをするカップル」と「ケンカをしないカップル」、長続きするのは……?

ファナティック

「ケンカするほど仲がいい」と言いますが、実際に彼とケンカをしていい気分になることはありませんよね。なるべく仲よくするために、ケンカは避けたいと思う人も多いはず。そこで今回は女性のみなさんに、「よくケンカをするカップル」と「ケンカをしないカップル」だと、長続きするのはどちらだと思うかアンケート調査をしてみました。

Q.「よくケンカをするカップル」と「ケンカをしないカップル」、長続きするのはどちらだと思いますか?

よくケンカをするカップル……33.8%
ケンカをしないカップル……66.2%

およそ7割近くの人が、ケンカをしないほうが長続きすると考えているようです。いつもケンカばかりだと疲れてしまうかもしれませんものね。では、気になるそれぞれの理由を聞いていきましょう。

<「よくケンカをするカップル」と回答した人の意見>

■言いたいことを言い合える仲だから

・「ケンカをして仲直りしてうまくいっているし、それだけお互い言い合えているので長く続きそうな感じがする。ケンカをしないと、いざしたときに修復が難しくなりそう。怖い」(30歳/情報・IT/その他)

・「言いたいことを言い合えないと深い人間関係が築けないから」(34歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「言いたいことを言っているほうがいい関係でいられると思うので」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

いくら仲のよいカップルでも、言葉にしなければわかり合えないことも多いもの。だからこそ、本音でぶつかりながら、ケンカを通して相手の考えをきちんと理解していくことも大切なのかもしれません。

■ストレスをためないから

・「ストレス発散できているから」(28歳/商社・卸/技術職)

・「お互いに素を出せると思うから。ケンカをしなければイライラがたまっていく」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「ケンカをしないカップルは我慢しまくってのちのち(どちらかが)キレることがあると思うから」(31歳/金融・証券/専門職)

ケンカにならないように、それぞれが我慢しあってストレスをためてしまうのも、あまりいいことではないかもしれません。ケンカでストレス発散というのは少しおかしいかもしれませんが、ストレスをためないのも長続きの秘訣となるようです。

<「ケンカをしないカップル」と回答した人の意見>

■お互いに思いやりがある証拠だから

・「お互いを思いやっているからケンカにならないのだと思う」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ケンカをする前に、相手を思いやれるのが本当の愛情だと思うから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「思いやりがあれば頻繁にケンカはしないと思う」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

お互いが相手のことを第一に考えることができるのであれば、そうそうケンカになることもありません。本当に思いやりがあるのであれば、ケンカをする前にストップできるという意見もありました。

■ケンカをするのは相性が悪いから!?

・「よくケンカをする=性格的に合っていないということだと思うから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「ケンカをするほど仲がいいなんて言うけど、些細なことでケンカしてばかりなのは2人が合わないからで、長続きするかどうかは一概には言えないけど、文字通りケンカ別れするリスクを抱えながらの交際になると思うから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

多少のケンカはお互いに考え方があるので仕方のないことだと言えます。ですが、あまりにもケンカが多すぎるのは、根本的に相性がよくないということも言えそうですよね。毎回同じことでケンカをしているようであれば、長続きさせるのは難しいかもしれませんね。

<まとめ>

ケンカをしないのであれば、それに越したことはありません。しかし、双方が我慢を重ねての場合は、ストレスとなってしまうことがあるようです。うまくストレス解消ができればいいのですが、たまにはケンカすることも必要なのかもしれませんね。とはいえ、頻繁に彼とケンカしてしまうという人は、お互いの思いやりが欠けていないか、行動を振り返ってみることも必要なようです。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ。
調査日時:2016年4月13日〜2016年4月22日
調査人数:133人(22〜34歳の女性)

お役立ち情報[PR]