お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

もう、諦めてー!! 自分を好きそうな男友だちと、ずっと友だちでいたい場合の対策3つ!

ファナティック

あなたには異性の友だちはいますか? 友だちとはいっても、その前に男と女ですから、どちらかの気持ちが変わってライクからラヴになる……なんてことは珍しくないですよね。でも、あなたがそれを望んでいない場合はどうしますか? 今回は働く女性のみなさんを対象に、自分のことを好きそうな男友だちと、ずっと友だち同士でいたい場合にすることについて聞いてきました。

■恋愛相談をする

・「恋愛相談をする。相手が自然と諦めてくれそうだから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)
・「好きな人がいる体で、相談しまくる。友だちのあなたにだから聞いてほしいということをアピールする」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「好きなタイプや、誰が好きとかをはっきり言って、その友だちは恋愛対象じゃないとアピールする。好きになられたら面倒だから」(30歳/情報・IT/その他)

彼氏の存在をにおわせるのは、有効な手段になりそうですね。でも、自分のカレのことを知人の男性へ相談しているうちに、その男性を異性として意識するように……というパターンはわりと王道なので、気をつけた方がいいかもしれません。

■口に出してけん制・宣言

・「恋愛のようないい雰囲気に空気を持っていかない。その気がないことを常に言葉に出して言う」(35歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「とにかく『ずっと友だちでいようね』ということを強調する」(34歳/小売店/販売職・サービス系)
・「あなたみたいな何でも話し合える男友だちがずっと欲しかったの、など『男友だち』を強調した言葉を発してLOVEになるのをけん制する」(32歳/自動車関連/技術職)
・「そういうのはあり得ないから、ごめんねって言って後は相手に任せる」(22歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

口で言って「友だち」を強調すれば、大抵の男性は察してくれるはず。ただ、鈍感なタイプだと、「友だち」を強調したくらいではこちらの意図をわかってくれない場合も、あるかも……。

■その他の意見

・「あえて自分からはアクションを起こさず、言われたらそう伝える」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「気づかないふりをして、かわし続ける。波風を立てたくないので、相手が諦めてくれるまで待つ」(32歳/医療・福祉/販売職・サービス系)
・「自分がいかに女子力がないかを話す。恋愛対象ではないと思わせる」(35歳/その他/営業職)
・「いったん距離を置いてみて、さりげなくほかの女の子を薦めてみる」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「昼間のランチどきに合うなど、丸一日会うのではなく、時間を決めて会う。2人きりにならないような場所で会う」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

2人きりにならない空間で会えば、イイ感じの空気になりにくいですから、万が一の可能性を事前に予防できますね。「好きなんだ」と告白されたときに断るのが、一番手間のかからない方法かもしれませんね。

■まとめ

男女の友情を信じている人もいれば、信じていない人もいます。当人たち同士で「友だち」としてしか認識していないのであれば問題はありませんが、自分の彼氏やその男友だちの彼女など……「特別」な相手に不安を与えたり誤解されないよう、付き合い方には気をつけていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数164件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]