お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

先が思いやられるわ……。男性がガッカリした、彼女の低女子力ポイント4つ!

ファナティック

思いを募らせた彼女に、いろいろ妄想を抱いている男性は多いもの。自分の理想と異なる一面を見てしまったとき、勝手にガッカリしてしまうこともあるようです。今回は男性のみなさんに、これまでの彼女で女子力が低くてガッカリしたことがあるか、お話を聞きました。

Q.彼女に対して、女子力が低くてガッカリしたことはある?

ある……21.0%
ない……79.0%

約2割の方が、女子力に低い彼女にガッカリした経験があるようです。みなさん、どんなところを見て、女子力の低さに気づいたのでしょうか。

■部屋が汚い

・「部屋が散らかっていて、ほこりっぽかった。掃除はきちんとできる子であってかった」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「部屋が物置のようにぐちゃぐちゃで、足の踏み場もなかった。料理もしてると言いながら、出てきたのもまるで普段してないでしょうというキッチンを見てげんなりした」(31歳/小売店/販売職・サービス系)
・「最初の方はキレイに片付いていたが、徐々に部屋が汚くなっていきてガッカリした」(29歳/機械・精密機器/営業職)

多少は部屋が汚くても許される部分はあるかもしれません。ですが、女子力といった点では、部屋がキレイであることも重要な要素となっているようです。初めて部屋に入ったときに汚いと、気にしない男性もいるのですが、やっぱりイヤに感じますよね。

■料理ができない

・「料理が下手でまずすぎてドン引きした」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「料理がまったくできなくて、自分がやらなければいけないから」(31歳/自動車関連/その他)
・「料理ができない、掃除ができない、片付けができない、縫製ができないなど」(39歳/商社・卸/営業職)

彼女の手料理を食べたいといった男性も多いですから、料理が苦手だとガッカリされることも多いようです。最近は男性が料理をすることが増えていますので、一緒にスキルアップするのも楽しめるかもしれませんね。

■身だしなみがだらしない

・「身だしなみが残念だったときがあった」(28歳/その他/その他)
・「背中に産毛が生えていて、ショックを受けた」(33歳/電機/技術職)
・「化粧をあまりしないので代わり映えばえがない」(27歳/その他/経営・コンサルタント系)

誰に見せるワケでもないのですが、彼女にはキレイであっていと思う男性も多いのではないでしょうか。ですから、女子力としては、身だしなみがきちんとしているということは大切な要素となっています。

■家事全般ができない

・「実家暮らしで家事全般ができなかった」(30歳/その他/事務系専門職)
・「掃除が下手くそ。自分ができるので女の子はキレイ好きで掃除と料理がうまいと思っていたが、まったくそうではない人がいた」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「掃除洗濯など家事全般の能力が低かった」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

最近はズボラ女子も増えていて家事全般が苦手という人も少なくありません。家事は女性が。というワケではありませんが、男性としては女性には家事は得意であっていと思っている人は多いようです。

■まとめ

最近は女性が社会で活躍するシーンも増えているので、家事が苦手という人も増えてきているのかもしれません。ですが、男性も家事をするようになってきているので、お互いの得意、不得意のバランスがよければ気にならないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数100件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]