お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

不安や寂しさにつぶされそう……! 女性がふと結婚したいと思った瞬間・4選

ファナティック

彼氏がいるかいないかに関わらず「そろそろ結婚したい」という考えが、ふと頭をよぎることはありませんか? 自分が結婚適齢期と呼ばれる年齢になったり、周囲から無言のプレッシャーをかけられたり……。結婚したいと思うタイミングは人それぞれ。今回は、働く女性たちが結婚したいと思う瞬間について、聞いてみました。

■ひとりが寂しくなったとき

・「ひとり暮らしで風邪をひいたときなど、誰か看病してくれる人がいたらと思う」(33歳/その他/事務系専門職)

・「ひとりで不安や寂しさに潰されそうなとき」(32歳/金融・証券/専門職)

・「ひとり暮らしなので、側に自分の身内が常にほしい」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

ひとり暮らしをしていると気楽な反面、何もかも自分でやらないといけないのが大変ですよね。疲れて部屋に帰ったときに愚痴を聞いてくれる人がいれば、それだけでもストレスはなくなりそう。ひとりでいることに寂しさや不安を感じたときに、自分の家族を作りたいと思う女性は少なくないようです。

■一緒にいたいと思える人ができたとき

・「彼と過ごしていて、ずっと一緒にいたい気持ちになったとき」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「おいしいものを誰かと食べたいと思ったとき」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「結婚を意識する恋人がいて、お互いに結婚したいという意思があって、自分にとってベストタイミングなとき」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

独身である自由を満喫しているときに出会った彼。この人となら、ずっと一緒にいられるし、離れたくないと感じることもありますよね。付き合っているだけだといつか別れるのではという心配もありますが、結婚すればこの先一生を共にできるという、安心感が持てそうです。

■友人が結婚していくとき

・「友だちの結婚報告を聞くと、自分も結婚したくなる」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「友だちの赤ちゃんを抱いたとき。自分も子どもがほしいなと思う」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「幸せそうな家族を見たときに、そんな家庭を築きたいと思う」(28歳/ソフトウェア/技術職)

まわりの人が次々と結婚していくと、取り残されたような寂しい気分にもなるし、幸せそうな家庭を見ると、自分もそろそろという気になることが。かわいい赤ちゃんを見て「子どもがほしい」と思ったことが、結婚に対して具体的に動き始めるきっかけになることもあるようですね。

■不安や寂しさを感じたとき

・「年収が少ないと思うときです。いい暮らしがしたいと思うのです」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「老後ひとりだと寂しいなぁと思ったとき」(31歳/その他/クリエイティブ職)

今の状態に不安を抱えていると、結婚をしないと人生が変わらないという気持ちになりそう。ただ、それが焦りに繋がると、結婚相手を選ぶときにも冷静になれないかもしれない可能性も。

■まとめ

結婚は勢いとも言われることがありますが、働く女性が結婚を身近に感じるのは、自分の将来に不安や寂しさを感じたとき、未来の家庭を想像してしまったときなのかも。結婚を意識したときほど、自分の気持ちを整理することが大事かもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月12日~4月21日
調査人数:157人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]