お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

【男女のちがい】女遊びや男遊びが激しい異性と、仲のいい友だちが付き合い始めたらどうする?

ファナティック

友だちに彼氏ができたと聞いて、どんな男性か聞いてみたら「女癖が悪い」など悪いうわさしか聞かない、という場合もありますよね。そんなとき、社会人男女のみなさんは、友だちにどんな対応をするのでしょうか? 男女の回答を比べてみました。

Q.女性に質問! 女遊びが激しい男性と、仲のいい女友だちが付き合い始めたらどうする?

やめておけと忠告する……42.4%
何も言わずに友だちの好きにさせる……57.6%

Q.男性に質問! 男遊びが激しい女性と、仲のいい男友だちが付き合い始めたらどうする?

やめておけと忠告する……37.0%
何も言わずに友だちの好きにさせる……63.0%

女性も男性も「友だちの好きにさせる」という回答が多いようです。割合で見ると男性の方がやや多いようですね。ではその回答を選んだ理由について、詳しく聞いてみましょう。

<女性の意見>

■不幸になるのを見ていられないから忠告する!

・「その子が悲しんでいるのを見たくないから」(23歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「とりあえず最初に忠告はするが、最終的に決めるのは友人なので、その後は何も言わない」(34歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「女癖は治らないと言うので、友だちに忠告して別れるように説得する。みすみす、友だちが不幸になるのを見ていられない」(25歳女性/食品・飲料/専門職)

「忠告する」を選んだ女性からは「悲しむのを見たくない」という意見が多くありました。大事な友だちが苦しんでいる姿は、できれば見たくないですよね。友だちが苦労するのは目に見えているので「見ていられない」と説得したくなる気持ちもわかります。

■一度痛い目を見ないとわからないから好きにさせる!

・「友だちの忠告くらいで、簡単に好きという気持ちを変えることはできないと思うから」(33歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「実際にそのような状況で忠告して、自分が悪者にされて面倒くさかった経験があるから」(32歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「本人は恋に盲目状態なので、まわりが何を言っても聞く耳を持たない。一度痛い目を見ないと駄目だと思う」(29歳女性/情報・IT/事務系専門職)

「好きにさせる」を選んだ女性で多かったのは「簡単に気持ちは変えられない」などの意見でした。良かれと思って忠告したのに、あとでトラブルになるのはイヤですよね。友だち自身が痛い目を見ないと、まわりの言うことは耳に入らないのかもしれません。

<男性の意見>

■信用できないから忠告する!

・「男遊びをするような女性は信用できないから」(26歳男性/金融・証券/事務系専門職)
・「あとで傷つくのが目に見えている場合は、忠告すると思う」(36歳男性/電力・ガス・石油/事務系専門職)
・「決めるのは自分ではないので、無理強いはできないが忠告は何度もすると思う」(38歳男性/その他/技術職)

「忠告する」を選んだ男性で多かったのは「信用できない」という意見でした。男遊びが激しい彼女だと、彼氏である友だちはいろいろと大変な目に遭いそうです。決めるのは友だち本人でも、とりあえず忠告するという男性も多いようですね。

■第三者が干渉することじゃないから好きにさせる!

・「経験ほどものを言うものはないと思うので、まず付き合いさせる。本人に学ばせるのが一番いいと思う」(29歳男性/情報・IT/技術職)
・「何かあった際に『なんでもっと強く言ってくれなかったんだ!』と、いらぬ恨みを持たれかねないため」(24歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「2人のことは2人で決めることであって、たとえ友人であっても自分は第三者なので干渉するべきではないと思うから」(32歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

「好きにさせる」を選んだ男性からは「本人に学ばせるのが一番」という意見がありました。女性と同じ意見ですね。たとえ仲のいい友だちでも、第三者は干渉するべきではないという声も。女性よりも男性の方がクールに考えているようです。

■まとめ

女癖、男癖が悪い人と友だちが付き合い始めたら「好きにさせる」という回答が多い結果となりました。女性は「恋に盲目状態だから聞く耳を持たないし……」と思い、男性は「2人のことに干渉するべきではない」というスタンスのようです。割合で見ても若干多かったので、女性よりも男性の方が割り切って考えているのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数女性172件、男性100件(22歳~39歳の働く男女)

お役立ち情報[PR]