お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

も~いやっ!! 彼の部屋にお泊まりしたときに、ストレスに感じること12選!

ファナティック

週末になると、彼とのお泊まりデートを楽しんでいる女性も多いのではないでしょうか。でも自宅でない分、何かと気をつかうこともありますよね。そこで今回は働く女性に、彼の部屋にお泊まりしたときに、ストレスに感じることについて、聞いてみました。

部屋が汚い

・「彼氏の部屋が汚い。犬と一緒に寝ないでほしいです」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「部屋が汚いこと。身体がかゆくなるから」(27歳/その他/事務系専門職)

・「散らかっていたり、ホコリだらけだったり、部屋が汚いとうんざりすると思う。一刻も早く帰りたくなるから」(25歳/食品・飲料/専門職)

掃除が苦手な男性もいるかもしれませんが、自分の彼氏がそうだったら、やっぱり部屋にいるのはストレスを感じてしまいますよね。いっそのこと掃除をしてあげると、彼がほれ直してくれるかもしれませんよ。

トイレに行きにくい

・「トイレに気軽に行きにくいことがストレス。恥ずかしくて行きにくいから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「トイレに行きにくい。使い方や音が気になる」(25歳/農林・水産/その他)

・「部屋の狭さ。トイレでゆっくりできない。トイレのニオイとか気になるから。便を出すのにも時間がほしい」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

1人暮らしをしている場合、ワンルームでトイレの音が露骨に聞こえてしまうことがあります。相手がトイレの音をあまり気にしなかったとしても、聞かれたくないのが女心かもしれませんね。

ゆっくり寝られない

・「気を使ってしまって安眠できない。家ほどくつろげない」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

・「広く寝られないこと。狭い場所で寝るとストレスがたまるので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「寝心地が悪い。1人でゆっくり眠りたい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ベッドのサイズによっては、一緒に寝るには狭く、ゆっくり寝ることができないこともありそうです。彼と一緒に寝られることは幸せではありますが、熟睡できないと寝不足でストレスになってしまいそうですよね。

部屋の設定温度

・「エアコンの温度。疲れちゃう」(29歳/その他/事務系専門職)

・「エアコンの設定が合わない。夏は寒いし冬は暑い」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「彼は暑がりなので、冷え性の私とは部屋の温度調節が合わない。部屋の温度を彼好みにされるとストレスがたまる」(25歳/医療・福祉/専門職)

おうちデートやお泊まりデートをしているときのカップルの悩みの種といえば、エアコンの設定温度の調整ではないでしょうか。寒がりと暑がりだった場合、最悪の組み合わせになってしまうこともありそうです。

まとめ

彼と付き合いはじめたときは、一緒にいられるだけで幸せに感じるもの。でも、慣れてくると徐々に不満を感じてしまうこともありますよね。ずっといい関係を続けたいと思うのなら、早めに自分のストレスの元を、彼に伝えて一緒に解決策を探すのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数152件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2016年04月24日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE