お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男女の本音 婚活

【婚活女子の実態】その差はどこ? 「結婚につながる男性」と「結婚はないなと思う男性」のちがい

森もり子

そろそろ本気で結婚したい! と真剣に考えて出会いを求めている「婚活女子」。アラサー女子の中には、こんな気持ちに共感してしまう女子は多いはず。あるあると頷いてしまう「婚活女子」の実態を、マイナビウーマンの連載「追い込み女子の実態」を描いてくれた大人気LINEスタンプ作者・森もり子さんのイラストにのせて紹介します!

恋愛するには楽しいかもしれないけれど、結婚となると躊躇してしまう男性っていますよね。結婚につながる異性と、結婚はないなと思ってしまう異性のちがいって何なのでしょうか。その決め手について、独身女性たちに聞いてみました。

「堅実かどうか。お金遣いの荒い人は結婚は考えられません」(23歳)※イラスト:森もり子、書き下ろし

金遣いが荒い人とは結婚できません!

・「堅実かどうか。お金遣いの荒い人は結婚は考えられません。ケチなのも無理ですが……。金銭的な価値観が合うかどうかですね」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

・「生活力があるかどうか。あるお金を全部使い切ってしまう人は無理」(39歳/食品・飲料/その他)

・「身の丈に合わない生活をしている人との結婚はないと思う」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

恋愛ではなく、結婚となると、リアルに生活していくことを考えなければならないもの。お金の心配をしながら日々暮らしていくのは嫌なものです。

自己中はナシ! 思いやりが必要です!

・「自分のことだけでなく、家族やまわりの人のことを考えているかどうか。生活力があるかどうか」(38歳/通信/事務系専門職)

・「自分勝手な人は絶対ない。相手を思いやる気持ちがないとダメ」(39歳/小売店/事務系専門職)

・「自分中心で、利己的な人は結婚はないなと思ってしまう。一緒になったら相手に喜んでもらえることが自分の幸せでもあるので、自分の利益ばかり追求する人は相手の気持ちもくみ取れないと思う」(28歳/医療・福祉/専門職)

家族になるということは、自分のことはさておき、相手のことをいかに大事に思いやりながら暮らしていけるかがカギとなります。結婚生活は山あり谷あり。さまざまな喜びも苦しみも、一緒に分かち合って暮らしていくには、思いやりは欠かせません。

誠実なこともはずせません!

・「誠実かどうか。結婚に対して前向き」(29歳/金融・証券/その他)

最近、不倫問題が世の中を賑わせていますが……、いかに誠実な心を持ち続け、お互いを信頼し合いながら生きていける相手かどうかも大事なポイントになります。

自然体でいられる人とでないと、結婚は難しい!

・「一緒にいて気楽。イラッとする言動があっても、『仕方がないな』と思える人かどうか」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「生活していて自然体でいられるか。気張らなくていいか」(29歳/医療・福祉/専門職)

親しき中にも礼儀あり、ではありますが、変に気遣いをしなくとも、お互い気楽にいられる関係かどうかは大きなポイント。いつも相手の顔色をうかがって発言しなければならないようだと、疲弊してしまい、一緒に暮らすのがつらくなってしまいます。

お互い絶対に譲れない点があると、あとあと苦労します!

・「趣味や価値観において、合う点があるかどうかではなく、お互い絶対に譲れない・許せない点がないかどうか」(35歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

お別れする理由として、よく価値観の相違が挙げられますよね。結婚を考える相手ができたら、共通点も大事だけれど、絶対に譲れない・許せない点がないかを、事前に確認しておくことが大事かもしれません。

「結婚につながる男性」と「結婚はないなと思う男性」のちがいについて、さまざまな意見が集まりました。そうそう! と納得のコメントが多かったのではないでしょうか。結婚とは、相手との共同生活です。結婚を考える相手ができたら、「ひとりの時間が減ってでも一緒にいられる気持ちを持てるか」(35歳/医療・福祉/専門職)を自分の心に問いかけてみるといいかもしれませんね。あなたは、「結婚につながる男性」と「結婚はないなと思う男性」のちがいは何だと思いますか?

(マイナビウーマン編集部)

※イラスト:森もり子、書き下ろし

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年11月27日~11月28日
調査人数:172人(22歳~39歳の未婚女性)

お役立ち情報[PR]