お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

意外と少ない? 嘘をついて彼氏とのデートをキャンセルした大人女子●●%! その理由とは?

森川ほしの/OFFICE-SANGA

街中大人になれば、ときには嘘をつきたくなってしまう場面もあります。たとえば、どうしても彼氏とのデートをキャンセルしたいとき。正直に言える理由ならいいですが、そうではないときはどうする? こんな場面で「彼氏に嘘をついてしまった!」という女性はどの程度いるのか? 働く女性のみなさんに聞いてみました。

Q.彼氏とのデートの約束を、嘘の理由を伝えてキャンセルしたことがありますか?

ある……25人(15.5%)
ない……136人(84.5%)

嘘をついてデートをキャンセルしたことがある女性は15.5%。「ある」と回答した女性だって、嘘をつきたくてついたワケではありませんよね。どんな場面で、なぜ嘘をつかなくてはならなかったのか? 詳しく聞かせてもらいました。

気乗りしなくて……

・「『体調不良』。なんだか、会うことに疲れてしまった」(30歳/生保・損保/営業職)

・「マンネリ化していて、気分が乗らなかったとき、風邪ひいて調子悪いと言った」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「夕食デートの店がファミレスだったので、体調不良と嘘をついてキャンセルした」(24歳/その他/事務系専門職)

気乗りしなかったなら、仕方ありませんね! これはもう、仕方ない! まさか「今日は気乗りしないからデート中止にして」と言うワケにもいきませんし。これぞ、嘘も方便というヤツでは? 彼氏はこの嘘から何かを感じとったかもしれませんが……。

面倒になっちゃった!

・「日中デートに誘われたが、休みを取るのが面倒だったから、仕事が忙しいからと断った」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「泊まりデートが面倒で、体調不良と嘘をついた」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「建前でなんとなく言った。急に留守番が必要になったと嘘をついたけど、ただ会うのが面倒になっただけ」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

筆者も、相手には大変申し訳ないと思いつつ、面倒でデートをキャンセルしてしまったことが何度かあります。しかし、あとでキャンセル理由が嘘だったとバレると、よけいに面倒なことに……。ボロがでないようにご注意ください。

言えない、本当の理由

・「生理になり気分がさえなくて、風邪のひきはじめと嘘をついたことがある」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「どうしてもバーゲンに行きたかったときに、体調が悪くて行けないと嘘をついた」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「バイトと言ってキャンセルした。ほかの男と会っていたから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

「生理でキツイ」って、なかなか男性には言いにくいんですよね。たとえ言える間柄だったとしても、本当に生理のときのキツさを男性が理解してくれるとは思えません。それなら、「風邪」ということにしておいた方が無難かも?

疲れ果てて……

・「仕事で疲れていて外出したくなかったときに、体調不良と言ってキャンセルした」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「デートを体調が悪い、といってキャンセルした。正直仕事でかなり疲れていて、出かけるのが億劫になってしまったので」(32歳/不動産/専門職)

・「仕事で疲れすぎて、面倒くさくなって、『出張になった』と嘘をついた。仕事だと言っておけば、連絡が来てスルーしても不思議がられないし」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

大好きな彼との週末デート。働く女性にとっては癒しの時間でもありますが、デートではいろいろ気も使いますし、本当に疲れているときは正直キツイ。休息を優先したくなるときもあるでしょう。

まとめ

「疲れていて」「デートが面倒になっちゃって」といった場合には、嘘もアリかな? というのが筆者の個人的な意見。そんな状態でデートをしても、きっと楽しめないですからね。その嘘で一人の時間を作って、次は笑顔で迎えられるなら……。ときには、嘘も必要ではないでしょうか?

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数161件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]