お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

【第2回目】「ゲスデレラ」が絶対やらない3つの行動

心屋仁之助

シンデレラが幸せになれたのは“ゲスデレラ”だったから!?  自身の著書、『ゲスな女が、愛される』で「ゲスな女性」こそ幸せをつかむと書いた心屋仁之助さんに、マイナビウーマン編集部が突撃取材、全3回にわたりお伝えしている本企画「ゲスな女が、愛される!?」。第2回目となる今回は、「もてる女・ゲスデレラが絶対やらない3つの行動」をご紹介します。

>>第1回目「【第1回目】男子にモテモテ “ゲスデレラ”の特徴」を見る

「もてる女・ゲスデレラが絶対やらない3つの行動」とは?

行動1 飲み会や合コンでは奉仕しない!

 奉仕しない

心屋さん:「合コンでサラダを取り分ける、BBQで率先して肉を焼くといった行為は絶対しないのがゲスデレラです。もちろん好きでやっているなら問題ないのですが、せっせと奉仕する女性たちの心を探ってみると『それをしなければ、私は好かれない』『それをしなければ、そこにいる価値はない』という心理があるから。ゲスデレラは、『何もしなくても、愛される』ということを知っているので、無理してせっせと奉仕する必要を感じないのです。」

行動2 彼からメール(電話)の返信がなくても気にしない

彼からメール(電話)の返信がなくても気にしない

心屋さん:「彼からの連絡がない時、『私が何かしたから……』『私があんなこと言ったから……』と彼の心をあれこれ勝手に決めつけて、ヘコんだり落ち込んだりする女性っていますよね。でも、ゲスデレラは『彼も忙しいのね』と思うだけ。いちいちマイナスな発想をしません。事実を事実として受け止め、必要以上に詮索しないので、結果的に彼にとって居心地がいい女性になるのはゲスデレラです。」

行動3 相手に合わせて行動しない

相手に合わせて行動しない

心屋さん:「彼から好かれるために『あれもしなければ』『これもしなければ』とどんどん足し算していくと、それは彼にとっては負担になります。なぜなら、『こんなにしてあげているのに!』『こんなに頑張っているのに!』という思いで、彼を縛ってしまうようになるから。
ゲスデレラは『〇〇をしてあげたから、愛される』『〇〇をしないと私に価値はない』というように、条件付きで愛を捉えないので、自分の好きなように振る舞います。」

まとめ

ゲスデレラが絶対にしない3つの行動、いかがでしたか? 「私やってた!」という女性は案外多いのではないでしょうか? 自分に自信があるため、“奉仕行動”による自分への付加価値を必要としないなんて、かっこいいというか羨ましいですよね!

自分をよく見せようと、つい他人に何かしてあげてしまう人は、今日からもうやめましょう! 真に男性からモテるのは、自分に自信がある女性だからです。

Let’s be ゲスデレラ!

(取材・編集:梅津千晶/マイナビウーマン編集部)

第3回目(最後)は3/9(水)に「心屋さんが実際に目撃した! 身近なゲスデレラの話」を更新予定です。お楽しみに!

『ゲスな女が、愛される』(廣済堂出版)

 『ゲスな女が、愛される』心理カウンセラー心屋仁之助さんが恋に悩む女性におくる、「ゲスな女は愛される」という、一風変わった恋愛のバイブル本。ゲスな女が愛される理由や、ゲスな女になるためのステップがわかりやすく解説されいる。
価格:1200円(税抜)

お役立ち情報[PR]