お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

実は行きたくない!! 彼がどんなにオススメしてもノーサンキューなデートコース3選!

ファナティック

彼がお膳立てしてくれたデートコース、本来ならば自分のことを考えてプランニングしてくれたことに喜ぶべきところですが、場合によっては、素直に「ありがとう」と言えないこともありますよね……。そこで今回は働く女性たちに、本当は行きたくないと思っているデートコースについて聞いてみました。

王道なんだけどね……

・「お化け屋敷。怖すぎてほんとに無理」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「遊園地。ジェットコースターが嫌いなので」(29歳/小売店/技術職)
・「格式の高いレストラン。自分のマナーの悪さがわかりそうだから」(24歳/自動車関連/営業職)
・「プラネタリウム。眠くなる」(34歳/電機/事務系専門職)

彼のほうは、「王道だから、まちがいないだろう」と思って考えてくれたであろうデートコースでしょう。しかし、すべての女性に王道コースが通用するわけではないことを、男性たちに察していただきたいものです……。

スポーツはイヤ!

・「サーフィンなど、自分のしない趣味に向き合うところ。やることがなくて暇だから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「登山なと体力的にきついところ。キャンプなども」(30歳/商社・卸/販売職・サービス系)
・「スポーツジムなどの身体を動かすところ。汗っかきで滝のように汗が出るから、そんな姿を見られたくない」(24歳/商社・卸/事務系専門職)
・「自分に興味のないスポーツ観戦。彼が好きなスポーツで、つまらない態度は見せられない」(34歳/その他/販売職・サービス系)

スポーツやアウトドアがNGな女性も多いです。男性サイドは、自分のかっこいいところを見せるチャンスとでも思っているかもしれませんが、かっこいい姿を見る前に、女性のテンションがぐんにゃり下がり気味に。

ギャンブルだけは本当無理!

・「パチンコ店。タバコのニオイに包まれるから」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「ギャンブル。やっぱりギャンブルをする男性は嫌だから」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「賭博場、競馬場、競輪場などの賭け事の場所」(30歳/その他/その他)
・「ギャンブルの場所。場外馬券場など」(31歳/その他/事務系専門職)

パチンコや競馬など、男性はたしなむ人が多いですが、女性も同じと思ってもらっては困ります。多くの女性はギャンブルに抵抗感を覚えるそうです。デートでこんなところへ連れて行かれても、反応に困ってしまいますよね……。

まとめ

彼ががんばって考えてくれたデートコースならば、めいっぱい楽しみたい……しかし、内容によってはそうも行かないのです。嫌なデートコースに連れて行かれて、一日中嫌な気分で過ごすことのないように、彼には自分の好きな場所、行きたくないスポットを、常日頃からさりげなく伝えておいたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数427件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]