お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性が思わず惚れ直した彼女の言動・行動10

ファナティック

長く付き合っていると側にいるのが当然のように思えてきて、彼女の存在の有り難さも忘れてしまいそうになる。マンネリとまではいかないけれどお互いに慣れのようなものが出てくるのはよくあることですよね。でも、そんなカップルでも、ふとした瞬間に「やっぱり好き!」と愛情を再確認する瞬間があるはずです。そこで今回は、男性のみなさんが思わず「惚れ直すわ!」と思った彼女の言動について聞いてみました。

どんなときも支える!

・「『あなたが仕事で失敗しても、私が養う』。頼りになると感じたから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「何があってもずっと味方だし、ずっとついていくよ! とつらいときに声をかけてくれたとき。一体感が感じられ自分のことを信じてくれていると思ったら惚れ直した」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「自分が落ち込んだときに明るく励まして、楽しいデートに連れ出してくれた。前向きな姿勢に惚れ直した」(32歳/通信/技術職)

自分が落ち込んでいるときには明るく励ましてくれる、仕事で失敗したときには「私が養う!」と頼りがいを見せてくれる。いつでも自分のそばで彼女が支えてくれているんだと実感したときに惚れ直すという男性は多いようです。「あなたの味方よ」と信頼しているような彼女に言動に男性はドキッとするみたい。

男性を立ててくれる/話をしっかり聞いてくれる

・「なんだかんだ言って男性を立ててくれる人は素敵だと思います」(35歳/通信/事務系専門職)

・「何かをしてあげたら、毎回ちゃんとお礼の言葉を言う」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「自分の話をしっかりと聞いてくれる。たとえそれがオタクっぽい話でも、ていねいに聞いてくれるのでうれしい」(28歳/情報・IT/技術職)

・「甘え上手。自分の人生を、あなたに預けてますよっていう態度を恥ずかしがらずに出す。余計なプライドがない子って、正直でいいなと思うから」(36歳/機械・精密機器/営業職)

どんな話でも嫌がらずにきちんと聞いてくれる、男性を立てようとしてくれる彼女に惚れ直したという男性もいるようです。長く付き合っていると相手に対する遠慮がなくなったり、気遣いを忘れたりしがちですが、そういうことをずっと忘れずにいてくれる彼女なら何度でも惚れ直す瞬間がありそうですね。

疲れたときにやさしい言葉をかけてくれる

・「自分が疲れたときにそれとなく気遣いの言葉をかけてくれたとき。適度な距離感を保ちながら気使いをしてもらえたのが嬉しかったです」(35歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「自分がミスをしたときなどに責めないでフォローしてくれたとき。自分だったら責めちゃうなと比較して、相手が大人女子と気がついた」(26歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「風邪のときに気遣ってくれたこと。移したりしたくないので避けてほしかったが、内心は感動していた」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

体調が悪いときに、疲れているときにはねぎらいの言葉をかけてくれたりという、ちょっとしたやさしさに惚れ直してしまう男性も。自分だったら相手を責めてしまいそうなときにも、さり気ないフォローをしてくれるような大人な振る舞いができる彼女って、「大人だなぁ」なんて感心してしまうこともあるみたいですよ。

付き合いが長くなってくると、気持ちも落ち着いていくのが普通ですが、そこで安心しきってしまうとマンネリに陥ったり、気持ちが冷めてしまうなんてことも。いつまでも新鮮な気持ちでいるのは大変かもしれませんが、お互いに思いやりを持って、ときにその気持ちを言葉にすれば、恋人に対して何度も惚れ直す瞬間はありそう。惚れ直すたびに相手のよさを実感して「付き合っていてよかった」と思える。そんなカップルでいたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数122件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]