お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

婚活している男性に知っておいてほしい「女性の考え」って?

渡辺理絵

最近、メディアでも日常会話でも「婚活」の話がよく出てきますよね。ためになる情報もたくさんありますが、中には「女性の結婚観をわかっていない!」と思うようなものもちらほら。特に、婚活中の男性と話していると「結婚を望む女性を誤解しているのでは?」と思ってしまうような意見が飛び出すことが多いもの……。そこで今回は働く女性が「婚活している男性に知っておいてほしい『女性の考え』」について調査。結婚を考える男性にこそわかってほしい、女性の本音とは、一体どんなもの?

婚活している男性に知っておいてほしい「女性の考え」

●第1位/「男性の収入をある程度求めるのは楽したいからでなく“子育てや老後”を考えているから」……38.9%
○第2位/「男尊女卑的な考えの男性とは結婚したいと思わない」……33.6%
●第3位/「結婚相手にイケメンはそこまで求めていない」……30.7%
○第4位/「結婚に対して現実的に考えている男性でないと婚活対象にならない」……30.0%
●第5位/「婚活するなら、ある程度結婚資金を貯めてからにしてほしい」……26.8%
○第6位/「グイグイ引っ張ってくれる男性より、一緒に協力して結婚生活を送れるパートナーがほしい」……23.9%
●第7位/「結婚はドキドキより、安心感が大事だ」……22.5%
○第8位/「家事がある程度できない男性は、結婚相手にはならない」……19.3%
●第9位/「年の差婚が流行っているが実はあまり年齢差がないほうがいいと感じている」……16.8%
○第10位/「趣味が合うかどうかは、結婚にはあまり関係ない」……15.0%
※複数回答式・第11位以下は略。


■第1位/「男性の収入をある程度求めるのは楽したいからでなく“子育てや老後”を考えているから」

第1位は38.9%で「男性の収入をある程度求めるのは楽したいからでなく“子育てや老後”を考えているから」でした! パートナーの収入を女性が気にするのは、セレブな生活を夢見ているわけでなく、結婚生活費の現実をしっかりと捉えているからこそ。現在子ども1人を大学卒業まで育てるには、公立に通わせても2000万円以上かかるそう。また、定年までに夫婦で2000万円以上の貯金がないと老後に困窮する可能性があるなんて話も! 「子どもにいい教育をさせてあげたい」「年老いたときの介護費もしっかり貯めておきたい」なんて思うなら、それなりに収入のある家庭を築かないとダメなんです。

■第2位/「男尊女卑的な考えの男性とは結婚したいと思わない」

第2位は33.6%で「男尊女卑的な考えの男性とは結婚したいと思わない」。「女性は男に三歩さがってついてくるべし!」的な古い考え方の男性はかなり敬遠されているみたい。自分を対等に扱ってくれない人とは一生をともにしたくないというのが女性の本心なんですね。

■第3位/「結婚相手にイケメンはそこまで求めていない」

第3位は30.7%で「結婚相手にイケメンはそこまで求めていない」。生涯をともにするパートナーに対して、見た目を求める女性は少ないよう。ルックスよりも、価値観や気が合って、結婚して幸せにやっていけるかどうかのほうが重要ですものね。

まとめ

今どきの働く女性は、結婚に対して夢見がちではないよう。かなり現実的にパートナー探しをしているということを、男性のみなさんにももう少しわかってもらえたら、もしかすると結婚率ももう少し上がるかも!? あなたの「婚活している男性に知っておいてほしい『女性の考え』」はなんですか?

(渡辺理絵)

※画像はイメージです。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数280件(マイナビウーマン会員:22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]