お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

心の中ではお祭り騒ぎ!? 男性は社内の女性からもらう義理チョコは「うれしい」or「うれしくない」?

ファナティック

バレンタインが迫ってきましたが、彼へのプレゼントはいいとして、職場の男性たちに配る義理チョコってどうしますか……? 職場によっては、半ば強制的に配らなければならないときもありますが、もらう側の男性たちって、正直言ってこの「義理チョコ」をどう思っているのでしょうか? そこで今回は働く男性たちにこんな質問をしてみました。

Q.社内の女性からもらう義理チョコはうれしい? うれしくない?

「うれしい」……55.1%
「うれしくない」……44.9%

「うれしい!」という人が半数以上いますが、「うれしくない」という人も少なくありません。では、それぞれの回答を選んだ理由を教えてもらいましょう。

<「うれしい」派の意見>

■義理でも何でもうれしい!

・「義理でももらえるのはうれしいから」(29歳/マスコミ・広告/営業職)
・「義理でも素直にうれしい」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「義理チョコでも行事を大事にする習慣が社内にあるというのがまずうれしいし、その輪の中に入れてもらえているというのもうれしい。またチョコがもらえるというのもうれしい」(38歳/金融・証券/営業職)

「女性から何かプレゼントをもらう」という行為そのものが、義理でも男性たちは喜んでくれます。恋愛感情抜きにしても、気づかいを感じられますもんね。

■チョコが好き!

・「チョコが食べられるから」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「意外に凝っていたりするのでそれが楽しみ」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「たくさん食べられるのはうれしいな」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

恥ずかしくてまわりには言っていないけれど、「実は甘いものが好きなんだ……」というスイーツ男子にとって、バレンタインは一年で一番楽しみなイベントなのかもしれません。

では次に「うれしくない」という人たちのコメントを見てみましょう。

<「うれしくない」派の意見>

■ホワイトデーが面倒くさい……

・「お返しをするのが面倒だから」(30歳/機械・精密機器/技術職)
・「返すのが面倒」(29歳/金融・証券/営業職)
・「お返しを必ず期待されているからプレッシャーです」(33歳/学校・教育関連/専門職)

もらったからには、お返しをしなければいけないのが、バレンタイン、ホワイトデーのローカルルール。女性へのプレゼントは何かと気を使わなくちゃいけませんもんね……。

■おいしいものくれないし……

・「変に高いものが多いので。踊らされてる(笑)」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「チョコ自体あまり好きではない」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「お返しが面倒だし、安いチョコもらってもうれしくないしで」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

本命チョコとちがい、義理チョコのクオリティーは確かにちょっと低めです。一つ二つの話ではないからしょうがいないんですが、あまりにどうしようもないプレゼントだと、もらったほうも困ってしまいますよね……。

まとめ

いくら「義理」とはいえ、プレセントなのですから、内容に手を抜きすぎてはいけません。日頃の感謝の気持ちを伝える意味でのプレゼントならばなおさらです。今年のバレンタイン、義理チョコを用意する予定の人は、気を付けたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]