お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

一緒にいるだけで危険! ココで見分ける「フレネミー女子」の特徴4選

中澤美紀子/OFFICE-SANGA

仲のよい友人のように思わせて、その裏で相手を利用したり、おとしいれたりするフレネミー女子。フレンドを装ったエネミー(敵)です。ほんの少しも関わりたくありませんよね。働く女性たちが見抜いたフレネミー女子の性質とは? 特徴をあらかじめ押さえておいて、保身を強化しましょう。

■知り合った途端に友だち認定

・「『親友』という言葉をやたら使ってくる」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「やたら知り合いがいっぱいいる。フェイスブックにやたらと投稿する」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「容姿に自信があり、他の女子を引き立て役にしている人」(33歳/その他/クリエイティブ職)

たいして親しくもないうちから、相手のことを深い友人関係だと公言し、違和感を持たれます。他人の領域にズカズカ入ってきて、人との距離の取り方がどこかおかしいタイプも多い! 吸血鬼のように相手が大切にしているものを奪っていきます。

■さりげなく自分の優位性をにおわせる

・「二人でいるときは友だちでいてくれるけれども、複数で集まると自分をディスるところです」(31歳/その他)

・「見下している相手が自分より優位に立つと許せない人」(26歳/食品・飲料/技術職)

・「いい人ぶってるけど上から目線な人」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「欠点をあえて褒めてくる人」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

親切な面もあるけれど、さりげなく自分のほうが上だと言わんばかりの態度をとります。自分は常にデキのいい優等生的ポジションにいたいのです。それを確固たるものにするため、不出来扱いできる女子と友だちになりたがります。対等な友人関係を結べないのでしょう。

■会話の中心は人の悪口

・「誰かとつるんでいないと不安になる。常に悪口を言っておとしめられるスケープゴートを探しているので、あら探しばかりしている」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「派閥を作りたがって、派閥に取り込めなかった人の悪口を言いふらす」(27歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「過去の細かな事柄も覚えていて一見気配り上手。でも実はあらを探していて、裏では自分が被害者かのようにそのことを悪く言いふらしてる」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

輪の中心になってしゃべりたがりますが、よく聞くとその内容は悪口ばかり。こちらに心を許しているからそういう話題をするのではなく、単なる聞き役扱い。気をつけたいのは、自分もターゲットにされるかもしれないこと。昨日の友が今日の敵。いえ、最初から友だちではありません。

■詮索するのは何かを狙っているから?

・「やたら人のプライベートについて詮索してくる」(32歳/金融・証券/営業職)

・「とにかく愛想がよい。人のプライベートな話を聞きたがるわりに自分のことは話さない。ニコニコしているようで目が怖い」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「根掘り葉掘り話を聞き出そうとする」(23歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

計算高いフレネミー女子は、親しげな笑顔で近づいて相手の情報を収集し、思い通りにことを運ぶ計画を立てます。それを避けるためには、本当に仲のよい友人以外には、必要以上の情報は開示しないのが無難です。ときには嘘も方便。自分を守ることを第一に考えて!

オンナ同士の友情はややこしいと言いますが、フレネミー女子はその代表例ですね。嫌いな人間をあからさまに無視するだけのタイプならまだわかりやすいけれど、好意があるように見せかけてまるで演技派女優のよう。野心や欲望ばかりを追いかけて、純粋な心を失った人たち。最後は孤立しそうですが……。

(中澤美紀子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数209件(22~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]