お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム レシピ

余ったお餅どうしてる!? 「お餅」を超絶においしくする食べ方4選

お正月には、「お餅」を楽しみにしている人も多いのでは? あんこやきな粉で甘くしてもよし、醤油とともに食事感覚で楽しむのもよし。焼いても煮てもいいし、いくらでも食べられますよね。さらにおいしく食べるには、どんなアイディアがあるのでしょうか? 働く女性に聞いてみました。

■やっぱり王道が好き

・「シンプルに焼いて醤油つけてのりでまく」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「きな粉砂糖が一番美味しい」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「醤油と砂糖で甘辛くして和える食べかた」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「トースターで焼いて、少し熱湯をかけてからあんこと絡める」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

磯辺巻きや安倍川もちのように、昔ながらの食べ方が一番! シンプルだからこそ、お餅のおいしさをダイレクトに味わうことができます。焼いたお餅に醤油をジュッとかけて、香ばしい香りとともにいただきましょう。

■食べ方にひと工夫を

・「鍋に入れてトロトロにして食べる」(32歳/学校・教育関連/技術職)
・「みそ汁に小さく切って入れる」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「牛肉で巻いて炒めるとおいしい」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「お餅にふりかけをかけて食べると美味しい!」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

ただ焼いたり雑煮にしたりするだけではなく、ちょっとした工夫が新たな味わいを生み出します。おでんの定番・餅巾着もおいしいですよね。おだしがたっぷりしみ込んでいるのはもちろん、とろけるような食感がたまりません。

■洋風アレンジもオススメ

・「バター醤油で食べる」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「お餅明太チーズピザ」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「定番の安倍川もちに、スライスチーズも挟んで食べる」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

お餅と乳製品の相性はバツグン! ピザのトッピングにしてもいいし、バターソテーにするだけでもおいしい♪ お餅の原料はお米ですから、ご飯と同じように味付けしてもいいかもしれませんね。いつもの味に飽きてきたころ試してみたいメニューです。

■スイーツ感覚で♪

・「焼いてから、チョコレートクリームをつけて食べる」(24歳/その他/事務系専門職)
・「はちみつをかける」(27歳/食品・飲料/営業職)
・「おせちで余ったきんとんをおもちを挟む」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「レンジで柔らかくして、蒸かしたさつまいもと一緒にこねる芋もちがおいしい」(31歳/医療・福祉/専門職)

お餅はお汁粉の小豆だけでなく、さまざまな甘味ともマッチします。さつまいもと一緒に食べれば、芋大福のような味わいに。小さくカットして、チョコレートフォンデュにするのもおいしそう!

お餅は和風だけでなく、洋風アレンジもオススメ。お餅をピザ生地に見立てて具材をトッピングすれば、モチモチの食感を楽しめる「お餅ピザ」のできあがり。チーズと合うのでグラタンの具としてもオススメです。

薄切りのお餅をワッフルメーカーで焼く、「モッフル」という新感覚のメニューもあるそう。ワッフル同様、生クリームやチョコレートソースをかけてもいいし、ホットサンドのようにお惣菜などを挟んで焼き上げても◎! サクサク&モチモチの食感を味わえます。

お餅がかたくなってしまったら、こんがりと揚げてみては? 揚げ出し豆腐のようにしてもいいし、チョコソースなどをかければスイーツ感覚で楽しめます。

シンプルだからこそ、いろんな味わいを楽しめるお餅。つい食べ過ぎてしまいますが、100gあたり234.9kcalとのこと。市販の切り餅は約50gのものが多く、2つ食べるとご飯1膳分くらいのカロリーになってしまいます。

お餅がおいしすぎて食べ過ぎてしまったときには、しっかり運動しましょう。ランニング10分で約50kcal消費できるそう。階段の上り下りやこまめに動くことでもカロリーを消費できるので、こまめに動くように心がけたいですね。

(藤井蒼/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数131件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]