お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

もう用意した? 好きな女性から年賀状がきたら……男性の本音ぶっちゃけ!

ファナティック

お正月を迎える準備、みなさんは進めているでしょうか? 年末の忙しさにかまけて、新年のことにまで手が回らない!という人も多いでしょうが、一年の初めの挨拶、年賀状は、大切な人にだけでも出しておいた方がいいかもしれません。メールやLINEでの挨拶もいいですが、やはり実際にはがきをもらうのが気分がちがいますからね。そこで今回は大人の男性たちにこんなアンケートをとってみました。

Q.好きな女性から年賀状が来たらうれしいですか?

「はい」……55.8%

「いいえ」……44.2%

半数以上の男性が、「年賀状をもらえたらうれしい!」と答えています。気になる彼、いいところまでいっているけど、なかなか落ちない彼には、年賀状を送ればダメ押しになるかも……? ではそれぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

<「うれしい!」派の意見>

■もらえたらうれしい!!

・「気に掛けてくれているのがわかるから」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「思いがけずにくるのがうれしいです」(35歳/通信/事務系専門職)

・「来るだけでうれしい」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

最近は年賀状はあまり送り合わない文化になりつつありますからね。もらえない、と思っていたものがもらえたら、やっぱりうれしいものでしょう。

■こんな内容だったらうれしいな!

・「今年もよろしく、みたいな内容だったら頑張れそう」(28歳/情報・IT/技術職)

・「手書きのイラストとメッセージが書いてあったらうれしい」(28歳/情報・IT/技術職)

・「コメントに『一緒に食事しましょう』とか書かれていたらテンション上がります」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

絵柄のかわいさではなく、手書きのコメントがみなさん一番うれしいそうです。「飲みに行きましょう!」と一言い添えて置けば、新年早々、うれしいお誘いがあるかも!

では次に、「年賀状もらってもなぁ……」と消極的な人たちの意見を見てみましょう。

<「別にうれしくない」派の意見>

■返すのがちょっと面倒くさい

・「返すのが嫌だから」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「返すのが面倒くさい」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「誰が相手でも年賀状を返すのがとにかく面倒くさいから」(36歳/情報・IT/技術職)

お正月ののんびりしたいときに、いちいち返事を書くのは確かに面倒くさいかもしれません……。あまり連絡をまめに返してくれない彼には、年賀状は遠慮しておいた方が無難かも。

■年賀状が好きじゃない

・「年賀状の習慣がない」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「年賀状自体が嫌い」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「そもそも年賀状を重視しないから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

年賀状という風習そのものが苦手、という人も。こういう人に送ってしまうと、せっかくの好印象を持ってもらえそうなチャンスで逆効果なことになってしまうかも……。要注意です。

まとめ

年賀状をもらうと、とても喜ぶ人と、そうじゃない人の温度差ってけっこうあるようですね。でも、新年の一発目の挨拶、インパクトのあるものにしたいのなら、やはり今はあえて年賀状を使うべきなのではないでしょうか? 気になる彼に年賀状を送ってみたい、という人は、ストレートに「年賀状を送りたいんだけど、住所を教えてもらってもいいかな?」と聞いてみましょう。そのときの反応がよければ、気持ちのこもったメッセージを添えて、送るのみです!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]