お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

勘ちがいすんなよ! 彼女でもないのに、男性がドン引きした女性の言動3つ

ファナティック

好きな男性へのアプローチのつもりだったり、なんなら自分では彼女のつもりでも、男性にはドン引きされている場合があるようです。振り向いてもらうための必死のアピールでドン引きされていたら、ショックですよね。勘ちがい行動をしないために、チェックしていきましょう!

かいがいしく家事をする

・「勝手に家の洗い物をされたときは、ちょっと引きました」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「手作り料理を持って、家の前で自分が帰って来るまで待っていた……」(26歳/農林・水産/技術職)

・「シャツのボタンが取れていたとき、縫ってあげるとしつこく言われたこと」(32歳/通信/技術職)

あまり心を開いていない女性からかいがいしく尽くされると不安になりそうですね。彼女にされたらうれしいことでも、自分が思っているほど相手と親しくなければただの迷惑行為に。距離は徐々に詰めていったほうがよかったんでしょうね。

キス&腕組みをする

・「腕組みをしてきて、キスをねだってきたとき」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

・「そんなに仲よくない人と一緒に歩いていたときに、いきなり腕を組まれて、驚いた」(27歳/情報・IT/技術職)

・「ソフトクリームを食べていたら、一口ちょーだいと間接キスを気にしないでする行動。もうちょっと気にしてよと思う」(32歳/ソフトウェア/技術職)

キスや腕を組むのは一見仲のいい二人の行動のようですが、気持ちに温度差があるとセクハラまがいに。キスをしてほしいとせがんで断られるとショックですよね。恋人のようなスキンシップをとるには早すぎたということでしょう。

友だちなのに束縛する

・「束縛してきた。メールで逐一何をしているのか聞いてきた」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「飲み会に行っていたら、『何で私がいるのに飲み会行くの』と友だちなのに怒られた」(32歳/電機/技術職)

・「自分の翌月のシフト(休みの日)を毎月全部送ってくる。は? だからどうしろっていうの?と言いたい」(36歳/機械・精密機器/営業職)

ただの友だちと思っている相手から嫉妬されても困るだけですよね。そこで初めて好意に気づくかもしれませんが、束縛して不快にさせてしまっている時点でかなり不利な印象です。予定を空けてもらいたい場合も、察してもらうおうとするのではなく、ストレートに誘ったほうがいいですね。

男性読者のみなさんの体験談を見てきました。実際に彼女でもない女性からされたら怖いでしょうね。自分の行動で好きな人を不安がらせてしまっては残念です。距離を縮めたい気持ちはわかりますが、勘ちがいした行動で関係をぶち壊さないように気をつけましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数114件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE