お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今年のクリスマスは平日! イブにデートする? それともゆったり週末に?

中澤美紀子/OFFICE-SANGA

街がキラキラして冬のイベントムードに包まれてきました。今年のクリスマスイブは平日なので、長時間出かけることは難しいかもしれませんね。そこで、クリスマスのデートはイブにこだわるか否か、女性たちにアンケートをとってみました。

Q.今年はクリスマスイブが平日(木曜)です。カレとデートをするなら、時間が少なくてもイブがいいですか、それとも週末にゆっくり出かけたいですか?

平日でもクリスマスイブがいい……35.2%(76人)
週末(土日)にゆっくりデートしたい……64.8%(140人)

約3分の1の女性が「イブに会いたい派」ですが、意外とこだわらない人も多い様子。長く付き合っているカップルや、ある程度年齢を重ねた女性はイブに執着しないのかも。詳しいコメントを見てみましょう。

<やっぱりイブ当日に会いたい!>

イブの特別感は別格

・「クリスマスは恋人のための聖なる日だから」(33歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「ザ・クリスマスの雰囲気を味わいたいから」(31歳/電機/事務系専門職)

・「イルミネーションを一緒に見に行きたいから。短い時間でもロマンティックなクリスマス気分を味わいたい」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「街がクリスマスモードななか、会えないのは寂しいから」(22歳/生保・損保/事務系専門職)

飾りつけや音楽など、街のクリスマスムードは12月初旬から数週間続きます。でも、イブという日はたった1日しかありません。七夕の織姫と彦星のように、カレと過ごしたくなるのです。「誰でもいいからデートしたい」という女性もいたりして?

ほかの日では気分が盛り上がらない

・「土日はもうクリスマスムードも終わっていて、会社の人に飲みに誘われたりするだろうから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「過ぎてしまうと雰囲気が薄れる」(31歳/その他/クリエイティブ職)

クリスマスから大みそか、新年までの期間が短いせいか、25日を過ぎると一気にクリスマスムードは減退。お正月用の買い出しなどを考え始めます。週末にデートをするなら、イブの後ではなく、直前のほうがいいかもしれませんね。街の輝きが健在です。

<週末にたっぷり楽しみたい!>

平日にバタバタするのは避けたい

・「翌日、仕事だと、テンションが上がらないので」(24歳/その他/事務系専門職)

・「お互い平日は仕事なので、仕事終わりはヘトヘト。週末に元気いっぱいでデートしたい」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「平日は会社から帰って早く寝たいので何もしたくないから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「朝から晩まで会える方がいいから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

働く女性は何かと忙しい! 年末でも仕事に追われていることがありそうです。疲れているし、その上、外は極寒の気候。無理に仕事帰りにデートをする必要はないのかも。その分、万全の体調で週末にお出かけを。一日中、カレと過ごせます。

<番外編>

イブやクリスマスにこだわらない

・「イブにこだわる必要がないから。クリスマスなんてキリスト教のお祝いの日なのに、なぜ日本人がクリスマスクリスマス言っているのかが疑問」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「日付に固執せず、2人にとってより過ごしやすいほうを選ぶ」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「クリスマスをそんな重要視していないので」(23歳/小売店/事務系専門職)

年齢が上がるほど、クリスマスのラブラブ気分にこだわらなくなるのかと思っていましたが、若い女性でもアッサリとした感覚の人が。バレンタインのチョコレートと同じで、クリスマスの特別ディナーやケーキも、興味がない人がいてもおかしくないですよね。

まとめ

どれも、「言われてみれば、そうだな」と納得できるコメントばかり。女性と男性では感覚が違いそうですが、男性でもイブを楽しみにしている人はいます。カレと自分の考え方が一致しているのが一番ですが、そうでない場合は、クリスマスの過ごし方でプチバトルが勃発することも。そう考えると、けっこう面倒くさいイベントとも言えそうです。

(中澤美紀子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数216件(22~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

中澤美紀子/OFFICE-SANGA

普段、足を運ぶのは店や文化施設などひたすら「屋根のある場所」! 年々戸外の空気から遠ざかり、濃密な屋内時間を過ごしているモノ書き女。

この著者の記事一覧 

SHARE